道具選び

スポンサーリンク

※このページを読むにあたって

このサイトでは右利きのゴルファーを想定して説明します。
左利きの場合は、逆をイメージして読み進めてください。

道具選び

練習する時間がない、という人は
道具を変えるだけでもスライスを矯正することができます。

 

 

今のスイングを変えずにスライスを矯正したい人は参考にしてください。

道具選び記事一覧

スライスを矯正したいけど練習する時間がない、という人も多いと思います。手っ取り早くスライスを直したいなら、スライスしないドライバーを選びましょう。自分に合ったドライバーを使えば、意外と簡単にスライス矯正できるかもしれません。ただ、やみくもに選んでも合わない可能性が高いので、試打会や試打クラブなどで打ち比べて、一番感じのいいドライバーを選んでください。ここでは、スライスしないドライバーの選び方のポイ...

ゴルフボールはすぐに無くすから、安いボールを使っている。という人も多いと思います。でも、自分に合ったボールを使うことで、飛距離も伸びて、スライスも軽減できます。ボールには、スピン系とディスタンス系、2つの種類があるのをご存知ですか?ザックリ違いを説明すると、スピン系は、コアの部分が硬く、カバーが柔らかくなっている。ディスタンス系は、コアの部分が柔らかく、カバーが硬くなっている。という違いがあります...

あなたはシャフト交換をしたことありますか?多分、ゴルファーの多くが、買ったときのシャフトをそのままつけていると思います。でも、市販で売られているクラブのシャフトは万人向けに作られているので、スライサーやフッカーには合わないかもしれません。それは、なぜかというと、キックポイントを中調子に作ってあるからです。キックポイントとは、シャフトがしなるポイントのことを言います。中調子は、真ん中でしなりやすいシ...