スライスしないボールの選び方

スポンサーリンク

※このページを読むにあたって

このサイトでは右利きのゴルファーを想定して説明します。
左利きの場合は、逆をイメージして読み進めてください。

ゴルフボールで変わる!スライスしないボールの選び方

ゴルフスライス矯正

ゴルフボールはすぐに無くすから、
安いボールを使っている。

 

という人も多いと思います。

 

 

でも、自分に合ったボールを使うことで、
飛距離も伸びて、スライスも軽減できます。

 

ボールには、スピン系とディスタンス系、
2つの種類があるのをご存知ですか?

 

ザックリ違いを説明すると、

 

スピン系は、
コアの部分が硬く、カバーが柔らかくなっている。

 

ディスタンス系は、
コアの部分が柔らかく、カバーが硬くなっている。

 

という違いがあります。

 

文字通り、
スピン系は、回転がかかりやすく球が止まりやすい。
ディスタンス系は、回転を抑えて飛距離が出る。

 

という性能の違いがあります。

 

スライスで悩む人は、
ボールに回転がかかりすぎているので、
スピン系をやめてディスタンス系にするだけでも
スライスが抑えられます。

 

また、スピン系はコアが硬いので、
ボールが潰れにくく、飛距離も落ちます。

 

 

飛距離を出すためには、
ボールの硬さも重要になってくるので、
購入するときは、
あなたのヘッドスピードに合ったボールを
選ぶようにしましょう。

 

ボールの適正ヘッドスピードに関しては、
ゴルフボールの箱に書いてあるので
できるだけ読んだうえで買うようにしましょう。

 

スライスで飛距離が出ない人は、
ディスタンス系で柔らかめのボールです。

 

ディスタンス系ボールのおすすめは以下の3つです。

 


 


 


 

 


スポンサーリンク

関連ページ

スライスしないドライバー
スライスしにくいドライバーを使うことで、簡単にスライスを矯正することができます。忙しくて練習時間があまり取れないという方におすすめです。
スライスしにくいシャフト
スライスでお悩みの方は、シャフト交換すると改善するかもしれません。スライスしにくいシャフトの特徴とは?