スライスしにくいシャフト

スポンサーリンク

※このページを読むにあたって

このサイトでは右利きのゴルファーを想定して説明します。
左利きの場合は、逆をイメージして読み進めてください。

お悩み解決!スライスしにくいシャフトとは?

ゴルフスライス矯正

あなたはシャフト交換を
したことありますか?

 

多分、ゴルファーの多くが、
買ったときのシャフトを
そのままつけていると思います。

 

 

でも、市販で売られているクラブのシャフトは
万人向けに作られているので、
スライサーやフッカーには合わないかもしれません。

 

それは、なぜかというと、
キックポイントを中調子に作ってあるからです。

 

キックポイントとは、
シャフトがしなるポイントのことを言います。

 

中調子は、真ん中でしなりやすいシャフト。
その他に、
先調子は、先の方でしなりやすいシャフト。
元調子は、手元の方でしなりやすいシャフトです。

 

それが何故スライスに影響するのかというと、
元調子は、切り返しの時に大きくしなるけど、
先調子は、ほとんどしならない
という差があるからです。

 

それは、切り返しの時は、
手元からしなり始めるという性質があるからです。

 

 

スライサーの場合は、
切り返しでシャフトが大きくしなると
ヘッドが戻り切れずにフェースが開きます。

 

つまり、キックポイントが手元に行くほど
スライスしやすくなるのです。

 

そのため、スライスで悩んでいる人は、
先調子のシャフトに交換すると
スライスしにくくなります。

 

実際に交換するときは、
クラブのフィッティングをしているショップに行って
アドバイスを受けることをおすすめします。

 

専門家に相談すれば、
あなたにピッタリのクラブができて、
お悩み解決できますよ!

 


スポンサーリンク

関連ページ

スライスしないドライバー
スライスしにくいドライバーを使うことで、簡単にスライスを矯正することができます。忙しくて練習時間があまり取れないという方におすすめです。
スライスしないボール
スライスで距離が出ない人は、ボールを変えてみると改善されるかもしれません。ボールによってスライスも抑えられるものがあります。