基本のスイング

スポンサーリンク

※このページを読むにあたって

このサイトでは右利きのゴルファーを想定して説明します。
左利きの場合は、逆をイメージして読み進めてください。

ゴルフスイングの基本

ゴルフのスライスを矯正するためには
基本のスイングを理解しておく必要があります。

 

自分のスイングが基本と何が違うのかわかれば
自ずと修正方法も見えてくるはずです。

 

スポンサーリンク

基本のスイング記事一覧

ゴルフを始めた時一番最初に教わるのがグリップです。しかし、グリップの握り方が間違っている方が意外と多いのかもしれません。スライスする原因のほとんどがウィークグリップにあるといわれていますしグリップがしっかり握れていないとボールに力が伝わらず、思った飛距離が出なくなります。また、長年ゴルフをやっている人の中にはウィークグリップをスクエアグリップと間違えて覚えている人も多いようです。ドライバーがパーシ...

ゴルフでスライスを改善するために正しいアドレスを身に着けることはとても大切です。スライスしている人の多くは目標に対して左を向いています。また、コースに出ると周りの景色に惑わされ正しいアドレスが取れないことがほとんどです。ホールによって何となくティーショットがうまくいかないという傾向があるのはそのせいです。●スタンスの取り方打つ方向に対して直角にスタンスをとるスタンスは打つ方向に対して横向き(直角方...

ドライバーは他のクラブと違い、高くティーアップして打つクラブです。それだけに、違和感があり、苦手な方も多いのではないでしょうか?他のクラブと違い、ドライバーはクラブヘッドの軌道が最下点を通り過ぎてからインパクトします。そのため、左足かかと線上にボールを置く必要があります。しかし、左にボールがあるからといってボールを上から見るようにすると振り遅れてスライスが出るので注意が必要です。ドライバーの基本ス...

ゴルフのスコアアップのためには、アイアンの上達は必要不可欠です。よく「〇番アイアンで何ヤード飛んだ」という人もいますが、アイアンは飛ばすクラブではなく、ターゲットを狙うためのクラブです。飛距離を競うよりも距離を安定させ、同じ方向に飛ばすことが大切です。力んで打ったり、すくい上げようとする打ち方では、飛距離や方向にばらつきが出てしまいます。ダウンブローを意識するアイアンの飛距離や方向を安定させるには...