【スイングの基本】アドレス

スポンサーリンク

※このページを読むにあたって

このサイトでは右利きのゴルファーを想定して説明します。
左利きの場合は、逆をイメージして読み進めてください。

【スイングの基本】アドレス

ゴルフでスライスを改善するために
正しいアドレスを身に着けることはとても大切です。

 

スライスしている人の多くは
目標に対して左を向いています。

 

また、コースに出ると周りの景色に惑わされ
正しいアドレスが取れないことがほとんどです。

 

ホールによって何となくティーショットがうまくいかない
という傾向があるのはそのせいです。

 

スタンスの取り方

打つ方向に対して直角にスタンスをとる

 

スタンスは打つ方向に対して
横向き(直角方向)に取るのが基本です。

 

両足のつま先を結んだ線が
目標方向を向いているかどうか
常にチェックすることが大切です。

 

このアドレスの方向が目標より左にずれていると
アウトサイドインのスイングになりやすく
スライスしやすくなります。

 

また、スタンスの幅は、アイアンの場合は肩幅程度、
ドライバーの場合はもう半歩広げるくらいの幅にします。

 

身近な目標を決める

 

コースに出ると見た目に惑わされて
真っすぐなスタンスが取れないことがあります。

 

例えば、右側にOBがあるときは
どうしても左に向きすぎてしまうことも多いです。

 

また、ホールによってはティーグラウンドが
打つべき方向を向いていないこともあります。

 

そんなとき、惑わされたままアドレスすると
ミスショットの原因になります。

 

そんなときは、身近に目標となるものを探して
それに合わせてアドレスすれば
どんな状況でも正しいアドレスができます。

 

ボールの後ろから目標を確認しながら
打ちたい方向の線上にある目標物を探します。

 

例えば、ディボットや色が変わっている芝など、
何かしるしになるものを見つけて
そこに合わせてアドレスをとれば、
景色に惑わされず正しいアドレスを取ることができます。

 

ティーショットの場合は印があるところに
ティーアップするのもアリです。

 

普段の練習からゴムマットに着いた印などに合わせて
アドレスを取る練習をするのが効果的です。

 

ただし、ラウンド中に
自分でわざと印をつける行為は
ルール違反になるので注意してください。

 

あくまでも身近にある印を見つけるだけです。

 

前傾姿勢

 

アドレスの前傾姿勢は体とボールとの
距離感を一定に保つために重要です。

 

短いクラブほど前傾姿勢が深く縦振りになり、
長いクラブほど前傾姿勢が浅く横降りになります。

 

正しい前傾姿勢を身に着けておくと
スイング中の上下動を小さくすることができるので
ショットが安定してきます。

 

前傾姿勢でよくある間違えとして
背中から曲げてしまうことがあります。

 

背中を曲げるとお尻が下がって
スイングが不安定になってしまいます。

 

正しい前傾姿勢は腰から曲げるようにします。

 

すると、お尻が上がり
安定してスイングできるようになります。

 

前傾姿勢の角度はクラブによって変わる

 

前傾姿勢の角度はクラブの長さによって決まります。

 

左手とクラブにあまり角度をつけないように握り、
アドレスの時にクラブのソール全体が
地面に付くようにアドレスします。

 

その時の、前傾姿勢の角度が正しい角度です。

 

左腕とクラブの角度がつきすぎると前傾姿勢が付きすぎたり
ハンドアップになりすぎると前傾姿勢が浅くなりすぎたりして
ボールが曲がる原因になります。

 

例えば、前者の場合はクラブフェースのトウが上がるので
クラブフェースが左を向きフックが出やすくなります。

 

後者の場合はヒールが上がるので
クラブフェースが右を向きスライスが出やすくなります。

 

このように前傾姿勢の角度によって
クラブフェースの向きも変わってくるので、
正しい前傾姿勢の角度でアドレスすることが大切です。

 

ボールの位置

 

間違ったボールの位置で打っていると
スイングにも影響します。

 

例えば、左足寄りに置きすぎると
ダフリが多くなるので
ダフらないように体が左に流れたり
上から打とうとしてアウトサイドインのスイングになります。

 

また、体から遠すぎると
正しいスイングでボールに当たらないので
前傾姿勢が深くなって左に飛びやすくなります。

 

体とボールからの距離は、
正しい前傾姿勢をしたときのクラブのある位置です。

 

クラブが長くなるほど体とボールの距離が遠くなります。

 

また、クラブが長くなるほど
ボールの位置は左足に近くなります。

 

ドライバーの場合は左足かかとの前に、
7番アイアンで左足と右足の間にボールを置きます。

 

スポンサーリンク

関連ページ

グリップの握り方
ゴルフでスライスする原因の8割は間違ったグリップです。ここではグリップの正しい握り方について説明しています。
ドライバーの基本
ドライバースイングの基本についてご紹介しています。ドライバーのスライスでお悩みの方必見です。
アイアンの基本
アイアンスイングの基本についてご紹介しています。アイアンが苦手な方は是非参考にしてください。