【スイングの基本】ドライバー

スポンサーリンク

※このページを読むにあたって

このサイトでは右利きのゴルファーを想定して説明します。
左利きの場合は、逆をイメージして読み進めてください。

ドライバースイングの基本

ゴルフスライス

ドライバーは他のクラブと違い、
高くティーアップして打つクラブです。

 

それだけに、違和感があり、
苦手な方も多いのではないでしょうか?

 

他のクラブと違い、ドライバーはクラブヘッドの軌道が
最下点を通り過ぎてからインパクトします。

 

そのため、左足かかと線上にボールを置く必要があります。

 

しかし、左にボールがあるからといって
ボールを上から見るようにすると
振り遅れてスライスが出るので注意が必要です。

 

ドライバーの基本スイングでは、
ボールの右側面を見ながらスイングするのがポイントになります。

 

体の開きに注意

 

ドライバーは他のクラブより左側にボールを置くため、
無意識に体が開きやすくなります。

 

というのも、左にあるボールを見ることにより、
目線と一緒に体もボールの方を向きがちになるからです。

 

自然に体が開くことにより、
アウトサイドインのスイングでスライスしやすくなります。

 

そのため、アドレスのときの体の向きは
常にチェックすることが大切です。

 

自分のアドレスを後ろからビデオで撮影して
チェックするのが良い方法です。

 

スイングイメージは振り子

 

ドライバーの基本スイングは
振り子をイメージするとわかりやすいです。

 

振り子の支点は自分の首、
クラブヘッドが振り子の玉に当たります。

 

ドライバーのスイングは支点を固定して、
クラブヘッドの遠心力を利用して打つのが基本です。

 

支点が左右に動くと振り子運動が乱れるのと同じです。

 

自分の首の位置が動くと
ドライバーヘッドの重心が乱れ曲がる原因になります。

 

ボールに当てようとか、ボールを上げよう
という意識が働くと
スイングの乱れにつながるので注意が必要です。

 

スイング中は、ボールに当てようというより、
体とボールの距離をキープしながらスイングすることを意識します。

 

目線を意識する

 

スイング中は、自分がどこを向いているのかは、
目線を意識するとわかりやすいです。

 

ボールを上から見るのと、横から見るのとでは、
顔の向きが変わってきます。

 

顔の向きが変われば、
自然に体の向きも変わってきてしまいます。

 

ドライバーの振り遅れやすくい打ちを矯正するには、
ボールの5~10センチ手前を上から見るようにすると良いです。

 

まとめ

 

ここでは、ドライバースイングの基本についてお伝えしました。

 

ドライバーは高くティーアップして打つため、
他のクラブに比べると違和感が大きいのが苦手となる大きな原因です。

 

しかし、ボールを意識せず、
スイング軸や体の向きが正しければ
必ず上達することができるはずです。

 

頻繁に自分のスイングをビデオに撮ってみたりして、
アドレスやスイングチェックしながら練習してみてください。

 


スポンサーリンク

関連ページ

グリップの握り方
ゴルフでスライスする原因の8割は間違ったグリップです。ここではグリップの正しい握り方について説明しています。
アドレス
安定したショットを打つためにアドレスの取り方はとても重要です。
アイアンの基本
アイアンスイングの基本についてご紹介しています。アイアンが苦手な方は是非参考にしてください。