【スイングの基本】アイアン

スポンサーリンク

※このページを読むにあたって

このサイトでは右利きのゴルファーを想定して説明します。
左利きの場合は、逆をイメージして読み進めてください。

【スイングの基本】アイアン

ゴルフスライス

ゴルフのスコアアップのためには、
アイアンの上達は必要不可欠です。

 

よく「〇番アイアンで何ヤード飛んだ」という人もいますが、
アイアンは飛ばすクラブではなく、
ターゲットを狙うためのクラブです。

 

飛距離を競うよりも距離を安定させ、
同じ方向に飛ばすことが大切です。

 

力んで打ったり、すくい上げようとする打ち方では、
飛距離や方向にばらつきが出てしまいます。

 

ダウンブローを意識する

 

アイアンの飛距離や方向を安定させるには、
ダウンブローに打つことが大切です。

 

ダウンブローとは、クラブヘッドがボールに直接当たった後、
下の芝生を削るように打っていく打ち方です。

 

地面の上から打つボールの距離と方向を安定させるには、
ダウンブローに打つことが大切です。

 

「上から下にクラブを振り下ろすと、ボールか上がらないのではないか?」
と不安に思う方もいます。

 

しかし、アイアンは上から下にボールを打ち抜くことによって
バックスピンがかかり高く上がっていくクラブです。

 

ボールを上げようとしてすくい打ちになると、
ダフリやトップの原因になり、ボールが上がりません。

 

なので、上から下に打ち込むスイングで
ボールを上げる感覚をつかめるように練習することが大切です。

 

無理に打ち込もうとしない

 

アイアンを「ダウンブローで打ち込む」とお伝えした後に、
打ち込もうとしないとはどういうことでしょうか?

 

確かに、上から打ち込む打ち方でボールは上がるかもしれませんが、
やりすぎるとバックスピンがかかりすぎて
番手通りの距離が出なくなることがあります。

 

しかも、上体が突っ込むほど打ち込む意識が強くなると、
スライスする原因にもなります。

 

参考
ゴルフスイングで上体の突っ込みの原因と矯正方法

 

上から打つというよりは、
スイング軌道の最下点の少し手前でインパクトするイメージです。

 

スイング軌道は振り子をイメージすることは
ドライバーの基本のページでお伝えしました。

 

参考
ドライバースイングの基本

 

アイアンのスイング軌道も振り子運動をイメージすればいいと思います。

 

ただ、ボールの位置と構え方を変えるだけで、
ダウンブローに打つのが基本です。

 

ハンドファーストに構える

 

ドライバーのように円運動の中でダウンブローに打つためには、
クラブヘッドより少しグリップを先行させる、
ハンドファーストの構えを作ることが大切です。

 

ハンドファーストで構えることにより、
ボールに直接インパクトして地面を削る打ち方を可能にします。

 

ボールの位置は、ショートアイアンでは両足の真ん中に、
番手が上がるにつれて、ボール1~2個左に置くようにします。

 

大雑把な位置で構いません。

 

左足に置くほどボールか上がり安くなります。

 

そして、グリップの位置は左足太ももの位置に来るように構えます。

 

こうすることで、ハンドファーストで構えることができます。

 

スイング中はインパクトまで
右手の角度を変えないように意識してスイングすれば、
ダウンブローに打つことができます。

 

まとめ

 

アイアンスイングの基本はダウンブローに打つことです。

 

ダウンブローに打つことにより、
飛距離と方向性が安定して結果的にスコアメイクにつながります。

 

しかし、無理に打ち込もうとすると、
スピンがかかりすぎ逆に飛距離や方向性が不安定になります。

 

そのため、スイングは円運動のスイングをして、
円運動の最下点の少し手前でインパクトすることで、
ダウンブローを実現します。

 

グリップがクラブヘッドより少し先行させる
ハンドファーストでインパクトすることにより、
ダウンブローのスイングを実現することができます。

 

  1. 打ち込む意識が強すぎないこと
  2. 基本的にドライバーと同じスイングにすること
  3. ハンドファーストを意識すること

 

アイアンを安定させるためにはこの3つが大切になります。

 


スポンサーリンク

関連ページ

グリップの握り方
ゴルフでスライスする原因の8割は間違ったグリップです。ここではグリップの正しい握り方について説明しています。
アドレス
安定したショットを打つためにアドレスの取り方はとても重要です。
ドライバーの基本
ドライバースイングの基本についてご紹介しています。ドライバーのスライスでお悩みの方必見です。