グリップの握り方

スポンサーリンク

※このページを読むにあたって

このサイトでは右利きのゴルファーを想定して説明します。
左利きの場合は、逆をイメージして読み進めてください。

【スイングの基本】グリップの握り方

ゴルフを始めた時一番最初に教わるのがグリップです。

 

しかし、グリップの握り方が間違っている方が
意外と多いのかもしれません。

 

スライスする原因のほとんどが
ウィークグリップにあるといわれていますし
グリップがしっかり握れていないと
ボールに力が伝わらず、
思った飛距離が出なくなります。

 

また、長年ゴルフをやっている人の中には
ウィークグリップをスクエアグリップと
間違えて覚えている人も多いようです。

 

ドライバーがパーシモンや
ヘッドの小さいメタルウッドの場合は
そのグリップが正しいグリップだったからです。

 

しかし、大型ヘッドのドライバーでは、
ヘッドが返りにくいという特性があり、
昔の握り方ではスライスしやすくなります。

 

昔のストロンググリップが今のスクエアグリップ
と考えた方がよいのかもしれません。

 

なので、長年スライスでお悩みの方は
もう一度グリップの握り方を見直してみましょう。

 

 

左手のグリップをしっかり握る

 

左手のグリップがしっかり握れていないと
ショットが安定しません。

 

インパクトの瞬間にクラブフェースの向きが変わるので
ショットがぶれたり飛距離が著しく落ちることもあります。

 

左手のグリップの握り方のポイントは
中指、薬指、小指の3本の指で
しっかり握ることです。

 

ちょうど、左手でやかんを持つことを
イメージするとわかりやすいと思います。

 

中指、薬指、小指の3本の指に力が入り、
親指、人差し指にはあまり力が入らない状態です。

 

そして、親指と人差し指は
隙間を開けないようにして
グリップに密着させるように握ります。

 

親指の位置がグリップのロゴマークの
少し右側にあるのがスクエアグリップまたは
ストロンググリップです。

 

スクエアグリップの場合は上から見ると、
左手のこぶしが2つ見えている状態です。

 

ストロンググリップの場合は
こぶし3つ見えている状態です。

 

また、親指がロゴマークの上にあるのが
スクエアグリップです。

 

ストロンググリップの場合は
こぶしが1つ見えます。

 

右手グリップの握り方

 

右手のグリップも左手と同様、
中指、薬指、小指の3本の指で
しっかりと握っていきます。

 

しかし、右手はそれほど
強く握る必要はありません。

 

特に右手が強すぎる方は軽く添える程度で握ります。

 

まず、左手の人差し指に密着させるように
右手の薬指と中指をグリップに巻き付けるように握ります。

 

そして、右手の小指は
左手の人差し指の上にかぶせる(オーバーラッピング)か、
左手の人差し指とクロスさせる(インターロッキング)か
どちらかで握ります。

 

力の弱い方はインターロッキングで握るのがおすすめです。

 

そして右手の親指は左手の親指の上に
被せるようにして握ります。

 

ちょうど、右手の親指の付け根の部分を
密着させるようにして握ります。

 

また、右手の人差し指はグリップに巻き付け
親指と人差し指の隙間が空かないように
密着させるようにして握ります。

 

ストロンググリップはフックが打ちやすい

 

肩の力を抜いて腕をダラーンと下げた状態にすると
手の甲は横向きではなく少し斜めに向いています。

 

ゴルフのスイングをしたときに左手の甲は
少し斜めに向くのが自然な状態です。

 

そのため、ウィークグリップで握ると
クラブヘッドが返らず、
フェースが開いた状態であたるため、
スライスが出やすくなります。

 

また、ストロンググリップで握ると
自然にクラブヘッドが返り
フェースが閉じた状態で当たるため
フックボールが出やすくなります。

 

そのため、スライスを矯正したいときや
球筋をドローボールにしたいときなどは
ストロンググリップにすると打ちやすくなります。

 

グリップのマークを基準にする

 

グリップを握る前にまずクラブフェースが
打つ方向に向いていることを確認しながら
握る必要があります。

 

しかし、慣れないうちはグリップを作っている間に
クラブフェースの向きが変わってしまうこともあります。

 

せっかくグリップができたのに構えてみたら
クラブフェースの向きがおかしかった、
ということは避けなければいけません。

 

幸い、正しいグリップができるように
グリップの真ん中にメーカーのロゴなどのマークが
書いてあるグリップがほとんどです。

 

クラブフェースが打つ方向を向いている状態で
上から見るとシャフトのセンターに描かれています。

 

なので、グリップに書かれたロゴマークを基準に
グリップをした方が簡単に握ることができます。

 

スポンサーリンク

関連ページ

アドレス
安定したショットを打つためにアドレスの取り方はとても重要です。
ドライバーの基本
ドライバースイングの基本についてご紹介しています。ドライバーのスライスでお悩みの方必見です。
アイアンの基本
アイアンスイングの基本についてご紹介しています。アイアンが苦手な方は是非参考にしてください。