スイング練習器具の選び方

スポンサーリンク

※このページを読むにあたって

このサイトでは右利きのゴルファーを想定して説明します。
左利きの場合は、逆をイメージして読み進めてください。

効果あり!?スイング練習器具の選び方

スイング練習器具はたくさんあって、
どれを選んでいいかわからない。

 

という人もいると思います。

 

ここでは、ゴルフスイング練習器具の
選び方についてご紹介します。

重い練習器具は手打ち防止用

重いクラブを振るような練習器具は、
手打ち防止用として効果があります。

 

クラブを振るのに必要な筋肉を付けたり、
飛距離アップのために有効です。

 

クラブが重たいと
手だけでは上げられませんよね。

 

重たいクラブを振ることで、
自然と体を使って振れるようになります。

 

クラブ2~3本で素振りをするのも有効ですが、
グリップが滑ると危ないので、
練習器具を使うといいでしょう。

柔らかシャフトは打ち急ぎ防止

シャフトが柔らかいタイプの練習器具は、
シャフトがしなる感覚をつかむために
とても役にたちます。

 

シャフトのしなりを利用して打てば、
こんなに力がいらないんだ、
という感覚がつかめます。

 

バックスイングで勢いよく上げると
シャフトがしなりすぎて
凄く違和感を感じると思います。

 

なので、自然にゆっくとした
バックスイングをするようになります。

 

また、切り返しで打ち急ぐと、
またシャフトがしなりすぎるため、
違和感を感じてしまいます。

 

そのため、自然と体とクラブを
一緒に動かすタイミングがつかめます。

本当に打つつもりで素振りをする

練習器具で上手く飛ばないので、
球の行方を見てしまう人もいると思います。

 

しかし、それでは悪い癖がついてしまいます。

 

そのため、始めは球を打たないで
素振りをすることをお勧めします。

 

大切なのはスイングの感覚をつかむことです。

 

素振りをするにしても、
だらだらと素振りするのではなく、
本当に球があるつもりで素振りをしましょう。

 

また、球を打つ時も、
真っすぐ飛ばなくて当たり前、
くらいの気持ちで、
球の行方は気にせず打ちましょう。

 

スポンサーリンク

関連ページ

ゴルフ練習ネットの効能
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!