ゴルフのスライス原因

スポンサーリンク

※このページを読むにあたって

このサイトでは右利きのゴルファーを想定して説明します。
左利きの場合は、逆をイメージして読み進めてください。

スライスの原因と対処法

スライスするといっても様々な原因があります。

 

 

スライスする原因を知ることで、
スライス矯正の近道になります。

 

 

ここでは、スライスの原因別の対処法を解説します。

スライスの原因と対処法記事一覧

プルスライスとは、ボールが左に出て、右に返ってくるという球筋です。比較的大けがになりにくい球筋ですが、そのままストレートボールや、逆にフックが出るようになると厄介なことになります。また、アウトサイドインのカット打ちなので回転数が多くなり、ヘッドスピードの割には飛距離が出なくなります。プルスライスの原因は、スイング軌道がアウトサイドインになっているということです。これを矯正するには、アドレスから見直...

プッシュスライスとは、ボールが右に出て、右に曲がるという球筋です。コースでこれが出ると、即OBにつながる球ですので、スイング矯正は必須です。プッシュスライスは、スイング軌道がインサイドアウトになっていることが原因です。インサイドアウト軌道の人の特徴は、体を回しすぎています。体を使いすぎると切り返しでクラブが寝て降りてくるためインサイドアウトになりやすくなるのです。そのため、トップからの切り返しの時...

単純にスライスを直したい、と思っても、原因はさまざまで、あなたに合った矯正方法をしないと上手くいきません。フェースが開いたり、カット打ちになる原因もいろいろあります。そこで、スライスする原因が良くわかる動画をご紹介します。いかがですが?スイング以外にもボールの位置などによってもスライスするんですね。もし、スライスでお悩みなら、この動画とあなたのスイングを比べてみてください。おすすめの方法は、練習場...

フックグリップとは、左手の甲の向きが、打つ方向より斜めの方向を向いているグリップです。上から見ると、左手のこぶしが3~4個見えるくらいかぶせて握るのが特徴です。手のひらの角度をあまり変えずにそのまま上げるとトップの形ができるので、フェース面を変えずにゾーンで打てるというメリットがあります。最近のクラブはフェース面の開閉がしにくいので、フックグリップがとても相性がいいです。プロゴルファーの間でも、フ...

ゴルフでフックグリップにしてもスライスが改善されないという方も多いと思います。フックグリップはフェースを返しやすいグリップなのにスライスするのはなぜでしょうか?その理由として、次の2つが考えられます。正しいフックグリップができていない。スイングそのものに問題がある。正しいフックグリップができていない。フックグリップにしているつもりがちゃんとできていないことが考えられます。その理由として考えられるの...

ユーティリティのクラブは本来優しく打てるような設計になっています。他のクラブはスライスしないのにユーティリティだけスライスする、ということはあまり考えられません。むしろフックになることの方が多いと思います。しかし、クラブの選び方によってはスライスする可能性もあります。ウッド型のユーティリティはヘッドが返りにくい。ユーティリティのクラブには、ウッド型とアイアン型があります。アイアン型のクラブはヘッド...

あなたは、他人から「クラブが寝ているね。」といわれたことはありませんか?実際、クラブが寝るとはどういうことなのでしょうか?クラブが寝ると、どんなデメリットがあるのでしょうか?クラブが寝るとは、スイングを後ろから見たときに、クラブシャフトが地面の方に倒れている状態です。クラブが寝ると、次のようなミスショットにつながります。スイングがインサイドアウトになりプッシュアウトになる。フェアウェイからダフりや...

ゴルフスイングにおいて、目線を意識することはとても重要です。なぜなら、目線は顔の動きと連動しているからです。よく「ボールから目を離すな!」といわれますが、これはボールを見ないと当たらないから、という理由ばかりではありません。インパクトまでボールをよく見ることによって体とボールの距離を一定に保つことができることが一番大きな理由です。しかし、いくらボールをよく見ていても、ボールと体の距離が変わってはう...

ゴルフのすべてのショットにおいて、力みはミスショットの原因になります。アプローチやパターで力むと、距離感が合わなくなったり、ダフり、トップになりやすくなります。また、フルショットにおいても、スライス、フックになったり、飛距離が著しく落ちることもあります。しかし、自分が力んでいることを、気づかずにいる人も多いのではないでしょうか?ゴルフのすべてのショットにおいて、力みはミスショットの原因になります。...