ゴルフスイング中クラブが寝る原因と対処法

スポンサーリンク

※このページを読むにあたって

このサイトでは右利きのゴルファーを想定して説明します。
左利きの場合は、逆をイメージして読み進めてください。

ゴルフスイング中クラブが寝るとどうなる?原因と対処法は?

あなたは、他人から
「クラブが寝ているね。」
といわれたことはありませんか?

 

実際、クラブが寝るとはどういうことなのでしょうか?

 

クラブが寝ると、どんなデメリットがあるのでしょうか?

 

クラブが寝るとは、スイングを後ろから見たときに、
クラブシャフトが地面の方に倒れている状態です。

 

クラブが寝ると、次のようなミスショットにつながります。

 

スイングがインサイドアウトになりプッシュアウトになる。
フェアウェイからダフりやすい。
シャンクが出る。

 

クラブが寝るという状況は、テークバックのとき、ダウンスイングのとき、
の2通りが考えられます。

 

  • テークバックでクラブが寝る
  • ダウンスイングでクラブが寝る

 

テークバックでクラブが寝る

 

テークバックからクラブシャフトが寝てしまうと
切り返しでクラブを立てることが難しくなり、
スイング中もクラブが寝た状態になります。

 

そのため、テークバックが正しい位置に上がるように、
自分のスイングを撮影して、
常にチェックすることが大切です。

 

テークバックの正しい位置とは、
トップのときのクラブシャフトの角度が
アドレスのときと平行になっているのが理想です。

 

撮影したスイングがそれより地面の方に
大きく傾いている場合は
修正が必要です。

 

テークバックでクラブが寝る原因は、
クラブフェースが開いているからです。

 

このような状態を修正するためには
クラブフェースが下を向くようにテークバックするようにします。

 

イメージとしては、
クラブフェースがかぶった状態をキープしたままテークバックするイメージです。

 

壁をバックにテークバックする
テークバックでクラブが寝ているかどうかは
壁を背にしてテークバックしてみるとわかります。

 

クラブが寝ている場合は、
テークバックの途中でクラブが壁に当たります。

 

テークバックのときに後ろの壁に当たらないように
テークバックの練習をするのが効果的です。

 

ダウンスイングでクラブが寝る

テークバックで正しい位置にクラブが上がっても、
ダウンスイングでクラブが寝ることもあります。

 

ダウンスイングでクラブが寝ると、
プッシュスライスやフックで方向が不安定になったり
ダフりやシャンクが出やすくなります。

 

ダウンスイングでクラブが寝る原因は、
グリップエンドが体の正面を向いているからです。

 

クラブシャフトが地面の方に倒れて、
グリップエンドが正面を向いています。

 

このような状態にならないように、
トップからインパクトまでの間、
スイング中も左肘が下を向くように意識したスイングが大切です。

 

まとめ

 

ここでは、ゴルフのスイング中にクラブが寝るときの
原因と対策についてお伝えしました。

 

テークバックのときにならないが寝ると、
クラブを立てるのが難しくなります。

 

そのため、クラブフェースをかぶせたまま
テークバックする意識を持つことが大切です。

 

壁を背にテークバックのスイングをすると
クラブが寝ていることがチェックできます。

 

また、ダウンスイングでクラブが寝るのは、
グリップエンドが体の正面を向いているからです。

 

なので、左肘が下を向くようにダウンスイングすれば、
クラブシャフトが立ってきます。

 

スポンサーリンク

関連ページ

プルスライスの原因
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
プッシュスライスの原因
ゴルフでプッシュスライスが出る原因や改善するための矯正方法について解説しています。
スライス原因の動画
ゴルフでスライスが出る原因を動画で詳しく説明しています。あなたに当てはまる原因がわかれば、改善のヒントになるはずです。
フックグリップのメリット
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
フックグリップでスライスする原因
フックグリップにしているのにスライスが改善されない原因や対策方法についてまとめてみました。
ユーティリティのスライスする原因
他のクラブはスライスしないのにユーティリティーだけスライスする原因を考えてみました。
目線を意識する
ゴルフスイング中、目線が変わればスイングが変わるというほどスイングに大きく影響します。スライス改善には目線をどのように意識したらいいかご紹介します。
力み対策法
力みはミスショットの原因となるのはわかっていてもなかなか改善されないもの。力みが取れてスムーズなスイングを身に着ける方法についてご紹介します。