フックグリップのメリット

スポンサーリンク

※このページを読むにあたって

このサイトでは右利きのゴルファーを想定して説明します。
左利きの場合は、逆をイメージして読み進めてください。

フックグリップにするメリットとは?

フックグリップとは、左手の甲の向きが、
打つ方向より斜めの方向を
向いているグリップです。

 

上から見ると、
左手のこぶしが3~4個見えるくらい
かぶせて握るのが特徴です。

 

手のひらの角度をあまり変えずに
そのまま上げるとトップの形ができるので、
フェース面を変えずにゾーンで打てる
というメリットがあります。

 

最近のクラブはフェース面の開閉がしにくいので、
フックグリップがとても相性がいいです。

 

プロゴルファーの間でも、
フックグリップが主流になっています。

 

逆に、ウィークグリップの場合は、
テイクバックでフェースを開くため、
インパクトでフェースを閉じないといけません。

 

なので、スライスになりやすいクリップといえます。

 

スライスで悩む人は、フックグリップに握ることで、
スライスからフェードに変えることができます。

 

昔のクラブは、フェースの開閉を利用して
飛ばすため、スクエアやウィークグリップにしていました。

 

なので、昔のクラブに慣れている人は、
スクエアグリップを奨めるかもしれません。

 

でも、そのグリップでスライスがでるようなら、
フックグリップに修正しても問題ありません。

 

しかし、今のグリップでフックが出るようなら、
フックグリップにするとフックがひどくなります。

 

その場合は、逆にウィークグリップに直すと
ドローボールに修正することができます。

 

大切なのは、そのグリップの特性を理解して
正しくグリップを修正できることです。

 

スポンサーリンク

関連ページ

プルスライスの原因
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
プッシュスライスの原因
ゴルフでプッシュスライスが出る原因や改善するための矯正方法について解説しています。
スライス原因の動画
ゴルフでスライスが出る原因を動画で詳しく説明しています。あなたに当てはまる原因がわかれば、改善のヒントになるはずです。
フックグリップでスライスする原因
フックグリップにしているのにスライスが改善されない原因や対策方法についてまとめてみました。
ユーティリティのスライスする原因
他のクラブはスライスしないのにユーティリティーだけスライスする原因を考えてみました。
クラブが寝原因と対処法
ゴルフスイング中にクラブが寝るとあらゆるミスショットの原因になります。クラブが寝ている状態や原因、改善方法を徹底解説!
目線を意識する
ゴルフスイング中、目線が変わればスイングが変わるというほどスイングに大きく影響します。スライス改善には目線をどのように意識したらいいかご紹介します。
力み対策法
力みはミスショットの原因となるのはわかっていてもなかなか改善されないもの。力みが取れてスムーズなスイングを身に着ける方法についてご紹介します。