フックグリップでスライスする原因

スポンサーリンク

※このページを読むにあたって

このサイトでは右利きのゴルファーを想定して説明します。
左利きの場合は、逆をイメージして読み進めてください。

フックグリップでもスライスする原因とは?

ゴルフでフックグリップにしても
スライスが改善されない
という方も多いと思います。

 

フックグリップはフェースを返しやすいグリップなのに
スライスするのはなぜでしょうか?

 

その理由として、次の2つが考えられます。

 

  • 正しいフックグリップができていない。
  • スイングそのものに問題がある。

 

正しいフックグリップができていない。

 

フックグリップにしているつもりが
ちゃんとできていないことが考えられます。

 

その理由として考えられるのが

 

  • 左手のグリップが正しく握れていない。
  • 右手のグリップが正しく握れていない。

 

の2つです。

 

左手のグリップが正しく握れていない。

 

左手が正しく握れていない原因としては、
クラブフェースが目標方向に向いていない状態で
握っていることが考えられます。

 

フックグリップに握ったつもりでも、
クラブフェースが開いてグリップしていることがあります。

 

握るときにクラブフェースの向きを
意識しながら握らないと正しく握れません。

 

グリップとクラブフェースの両方を意識するのが難しいときは、
グリップについているセンターマークを基準にするとやりやすいです。

 

センターマークが真上に来るときは、
クラブフェースがスクエアの方向を向くようになっています。
(グリップ交換などでずれることがあるので確認しましょう)

 

センターマークを上にして、
左手のグリップをこぶし3~4個見えるくらい
かぶせたグリップが正しいフックグリップです。

 

右手のグリップが正しく握れていない。

 

以外とできていないのが右手のグリップです。

 

フックグリップは左手だけではありません。

 

左手はグリップの上から、
右手はグリップの下から手のひらが平行になるように
握るのが正しいフックグリップです。

 

ここで気をつけたいのは右肩です。

 

右手のグリップを上からかぶせるように握ると
自然と右肩が前に出て肩のラインが左を向きます。

 

ウィークグリップの名残で右肩が前に出ていたり、
左肩と平行になっていると、
体が開いてスライスしやすくなります。

 

テークバックでアウトサイドに引き、
アウトサイドインのスイングになりやすいからです。

 

正しいフックグリップをしたとき
右肩は左肩より下がっているのが自然です。

 

右手を下から握ることにより
インサイドに引きやすくなります

 

フックグリップに変えたら、
アドレスの姿勢も同時にチェックしましょう。

 

スイングそのものに問題がある。

 

正しいフックグリップにしてもスライスが改善されない場合は、
スイングそのものに問題があります。

 

フックグリップにすると、
クラブフェースを返そうとしなくてもローテーションします。

 

しかし、それでもスライスするなら、
スライスしやすいスイングになっています。

 

例えば、

 

  • 上体が突っ込んでいる。
  • 体を使いすぎている。

 

などの理由です。

 

上体が突っ込んだスイングをしていると、
スイング軌道の最下点の手前でインパクトすることになります。

 

そのため、クラブフェースが閉じる前にインパクトを迎えるため、
フェースオープンになっていることが考えられます。

 

参考
ゴルフスイングで上体の突っ込みの原因と矯正方法

 

また、体を使いすぎて左腰が開いたり、
腕のスイングが遅れているケースもあります。

 

この場合の矯正方法は、
体の動きを抑えて切り返しのときに腕を振り下ろすイメージで
スイング練習すれば矯正されます。

 

いくらフックグリップにしても、
フェースオープンになりやすいスイングでは
スライスが改善されないことがあります。

 

まとめ

 

ここでは、フックグリップにしても
スライスが改善されない原因や改善方法についてお伝えしました。

 

フックグリップは、クラブフェースを返しやすいグリップです。

 

しかし、間違ったフックグリップをしている人は意外に多いです。

 

また、今までスライスしていた名残で
スライスのスイングが身についている場合は、
スイングを修正する必要があります。

 

自分は何が原因なのかは、
実際に打っているフォームをビデオで撮影して見るのがいいでしょう。

 

適切な修正を行えば早く矯正されるはずです。

 

スポンサーリンク

関連ページ

プルスライスの原因
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
プッシュスライスの原因
ゴルフでプッシュスライスが出る原因や改善するための矯正方法について解説しています。
スライス原因の動画
ゴルフでスライスが出る原因を動画で詳しく説明しています。あなたに当てはまる原因がわかれば、改善のヒントになるはずです。
フックグリップのメリット
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
ユーティリティのスライスする原因
他のクラブはスライスしないのにユーティリティーだけスライスする原因を考えてみました。
クラブが寝原因と対処法
ゴルフスイング中にクラブが寝るとあらゆるミスショットの原因になります。クラブが寝ている状態や原因、改善方法を徹底解説!
目線を意識する
ゴルフスイング中、目線が変わればスイングが変わるというほどスイングに大きく影響します。スライス改善には目線をどのように意識したらいいかご紹介します。
力み対策法
力みはミスショットの原因となるのはわかっていてもなかなか改善されないもの。力みが取れてスムーズなスイングを身に着ける方法についてご紹介します。