目線を意識してスライス改善

スポンサーリンク

※このページを読むにあたって

このサイトでは右利きのゴルファーを想定して説明します。
左利きの場合は、逆をイメージして読み進めてください。

目線を意識するとスライスが治る?ゴルフ上達には目線が必要不可欠!

力み

ゴルフスイングにおいて、
目線を意識することはとても重要です。

 

なぜなら、目線は顔の動きと連動しているからです。

 

よく「ボールから目を離すな!」といわれますが、
これはボールを見ないと当たらないから、
という理由ばかりではありません。

 

インパクトまでボールをよく見ることによって
体とボールの距離を一定に保つことができることが
一番大きな理由です。

 

しかし、いくらボールをよく見ていても、
ボールと体の距離が変わっては
うまく打てません。

 

スイング中にボールが動くように見えたり、
ボールの大きさが変わって見える場合、
体とボールの距離が変わっている可能性があります。

 

スイング中にボールとの距離間を保つことは
ショットの質を上げるためにはとても重要になります。

 

スイングに悩んでいる人は、
目線を変えるだけで悩みが解決するかもしれません。

 

単純にボールから目を離さない、
ではなく、ボールのどこを見るのかでスイングは変わります。

 

例えば、ボールの右側面を見た場合、
首も右側に傾く姿勢になり、
下から煽るようなスイングになります。

 

ドライバーのプッシュスライスや
アイアンのダフりで悩んでいる人は
目線をボール右側面から左の方に変えることで
下から煽るスイングが矯正されます。

 

しかし、ドライバーの場合は、
若干アッパーブローで打っていくため
ボールの真上に目線をおくと突っ込みの原因になるので注意しましょう。
力み
逆に、上体が突っ込んでボールが左に出る人は
右の方に目線を変えることで、突っ込みが改善されます。

 

アプローチやパターにも効果的

 

フルショットの場合は多少当たりが悪くても
ある程度飛距離が出る場合があります。

 

なので、ボールから目を離しても、
ショットに影響を及ぼさない場合もあります。

 

しかし、アプローチやパターでボールから目を離すと
ヘッドスピードが遅い分、影響が大きくなります。

 

ヘッドスピードが遅い場合、
ダフったらまったく飛ばないし、
それを嫌がるとトップのミスが出ます。

 

パターの場合は、ダフりやトップのミスはなくても
思った方向に転がらなくなります。

 

距離感が必要なアプローチやパターほど、
インパクトまでボールから目を離さないことが
より重要になってきます。

 

まとめ

 

以上のように、スイング中の目線を意識することは
ゴルフの上達に必要不可欠です。
力み
ダフりやトップ、プッシュアウトで悩んでいる人は
ボールのどこを見ているのか、
今一度チェックしてみてください。

 


スポンサーリンク

関連ページ

プルスライスの原因
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
プッシュスライスの原因
ゴルフでプッシュスライスが出る原因や改善するための矯正方法について解説しています。
スライス原因の動画
ゴルフでスライスが出る原因を動画で詳しく説明しています。あなたに当てはまる原因がわかれば、改善のヒントになるはずです。
フックグリップのメリット
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
フックグリップでスライスする原因
フックグリップにしているのにスライスが改善されない原因や対策方法についてまとめてみました。
ユーティリティのスライスする原因
他のクラブはスライスしないのにユーティリティーだけスライスする原因を考えてみました。
クラブが寝原因と対処法
ゴルフスイング中にクラブが寝るとあらゆるミスショットの原因になります。クラブが寝ている状態や原因、改善方法を徹底解説!
力み対策法
力みはミスショットの原因となるのはわかっていてもなかなか改善されないもの。力みが取れてスムーズなスイングを身に着ける方法についてご紹介します。