プルスライスの原因

スポンサーリンク

※このページを読むにあたって

このサイトでは右利きのゴルファーを想定して説明します。
左利きの場合は、逆をイメージして読み進めてください。

プルスライスの原因と対処法

プルスライスとは、
ボールが左に出て、右に返ってくる
という球筋です。

 

比較的大けがになりにくい球筋ですが、
そのままストレートボールや、
逆にフックが出るようになると
厄介なことになります。

 

また、アウトサイドインのカット打ちなので
回転数が多くなり、ヘッドスピードの割には
飛距離が出なくなります。

 

プルスライスの原因は、
スイング軌道がアウトサイドインに
なっているということです。

 

これを矯正するには、
アドレスから見直していきます。

 

ドライバーショットの時、
アドレスで肩のラインが
地面と平行になっている場合は
右肩を下げてアドレスします。

 

そして、ややクローズにアドレスして、
右肩が前に出ないように引きます。

 

アドレスの形は、
ビデオなどで撮影して
チェックするようにしてください。

 

そして、足から指導する感覚を
身に着けるために一本足打法で練習をします。

 

テークバックで右足に全体重を乗せ、
その後左足を思いっきり踏み込み、
体重を左に乗せたままフィニッシュまで振ります。

 

この練習をすることで、
左足を踏み込むまでクラブが振れないので
強制的に下半身始動のスイングになり
手打ちを矯正することができます。

 

練習場でやると恥ずかしいかもしれません。

 

でも、手打ちを矯正して飛距離アップするために
割り切って練習してください。

 

スポンサーリンク

関連ページ

プッシュスライスの原因
ゴルフでプッシュスライスが出る原因や改善するための矯正方法について解説しています。
スライス原因の動画
ゴルフでスライスが出る原因を動画で詳しく説明しています。あなたに当てはまる原因がわかれば、改善のヒントになるはずです。
フックグリップのメリット
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
フックグリップでスライスする原因
フックグリップにしているのにスライスが改善されない原因や対策方法についてまとめてみました。
ユーティリティのスライスする原因
他のクラブはスライスしないのにユーティリティーだけスライスする原因を考えてみました。
クラブが寝原因と対処法
ゴルフスイング中にクラブが寝るとあらゆるミスショットの原因になります。クラブが寝ている状態や原因、改善方法を徹底解説!
目線を意識する
ゴルフスイング中、目線が変わればスイングが変わるというほどスイングに大きく影響します。スライス改善には目線をどのように意識したらいいかご紹介します。
力み対策法
力みはミスショットの原因となるのはわかっていてもなかなか改善されないもの。力みが取れてスムーズなスイングを身に着ける方法についてご紹介します。