プッシュスライスの原因

スポンサーリンク

※このページを読むにあたって

このサイトでは右利きのゴルファーを想定して説明します。
左利きの場合は、逆をイメージして読み進めてください。

プッシュスライスの原因と対策

ゴルフスライス矯正

プッシュスライスとは、
ボールが右に出て、右に曲がる
という球筋です。

 

コースでこれが出ると、
即OBにつながる球ですので、
スイング矯正は必須です。

 

プッシュスライスは、
スイング軌道がインサイドアウトに
なっていることが原因です。

 

インサイドアウト軌道の人の特徴は、
体を回しすぎています。

 

体を使いすぎると
切り返しでクラブが寝て降りてくるため
インサイドアウトになりやすくなるのです。

 

そのため、トップからの切り返しの時に体を使わず、
手から切り返すような感覚で打つことです。

 

体の回転を使わず、手打ちで打つようにして
左に打ち出す感覚をつかむことが大切です。

 

スイングを矯正する方法は、
ボールを極端に左に置いて、
引っかけボールを打つ練習をします。

 

練習場でボールを左足の外側に置いて、
引っかけもしくはプルスライスを
打つ練習をしてください。

 

アイアンの場合は
インサイドアウトの軌道では
この位置のボールは打てないはずです。

 

この練習で絶対にプッシュアウトが出ないように
徹底して練習してみてください。

 

自然と手から切り返す感覚が
身についてきます。

 

プッシュスライスを矯正するには、
手打ちの感覚をつかむことが重要になります。

 


スポンサーリンク

関連ページ

プルスライスの原因
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
スライス原因の動画
ゴルフでスライスが出る原因を動画で詳しく説明しています。あなたに当てはまる原因がわかれば、改善のヒントになるはずです。
フックグリップのメリット
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
フックグリップでスライスする原因
フックグリップにしているのにスライスが改善されない原因や対策方法についてまとめてみました。
ユーティリティのスライスする原因
他のクラブはスライスしないのにユーティリティーだけスライスする原因を考えてみました。
クラブが寝原因と対処法
ゴルフスイング中にクラブが寝るとあらゆるミスショットの原因になります。クラブが寝ている状態や原因、改善方法を徹底解説!
目線を意識する
ゴルフスイング中、目線が変わればスイングが変わるというほどスイングに大きく影響します。スライス改善には目線をどのように意識したらいいかご紹介します。
力み対策法
力みはミスショットの原因となるのはわかっていてもなかなか改善されないもの。力みが取れてスムーズなスイングを身に着ける方法についてご紹介します。