ゴルフの力み対策法

スポンサーリンク

※このページを読むにあたって

このサイトでは右利きのゴルファーを想定して説明します。
左利きの場合は、逆をイメージして読み進めてください。

ゴルフで力みがダメな理由とは?これでわかる力み対策法

力み

ゴルフのすべてのショットにおいて、
力みはミスショットの原因になります。

 

アプローチやパターで力むと、
距離感が合わなくなったり、
ダフり、トップになりやすくなります。

 

また、フルショットにおいても、
スライス、フックになったり、
飛距離が著しく落ちることもあります。

 

しかし、自分が力んでいることを、
気づかずにいる人も多いのではないでしょうか?

 

ゴルフのすべてのショットにおいて、
力みはミスショットの原因になります。

 

アプローチやパターで力むと、
距離感が合わなくなったり、
ダフり、トップになりやすくなります。

 

また、フルショットにおいても、
スライス、フックになったり、
飛距離が著しく落ちることもあります。

 

しかし、自分が力んでいることを、
気づかずにいる人も多いのではないでしょうか?

 

なぜ、力むとミスショットが増えるのかというと
腕に力が入ることでクラブヘッドの重心が暴れるからです。

 

振り子の糸に力を加えると振り子が暴れるように、
腕や肩に力が入るとクラブヘッドの重心が暴れて
ミスショットの原因になります。

 

力んだ状態でスイングすると
クラブヘッドが加速しにくいため
飛距離も落ちます。

 

クラブの重心がきれいな振り子運動をすれば、
クラブに本来の仕事をさせることができます。
力み
また、振り子は土台がしっかりしていないと
きれいな振り子運動ができません。

 

そのため、ゴルフスイングにおいても
土台(下半身)をしっかりさせるために
体が上下動しないように足を踏ん張る必要があります。

 

力みが取れたスイングをするためには
振り子のスイングを目指しましょう。

 

ヘッドの重みを感じるようにスイング

 

では、ゴルフスイングの力みはどのようにして取るのでしょうか?

 

自分は力んでいるということはわかっても
どれくらい力を抜けばいいのか、
わからない人も多いと思います。

 

力みのないスイングをするには、
ヘッドの重みを感じながらスイングすることが効果的です。

 

グリップをぎゅっと握るとクラブヘッドの重みは感じません。

 

しかし、そこから徐々に力を抜いていくと、
クラブヘッドの重みが感じられるようになると思います。

 

スイング中もクラブヘッドの重みを感じるようにスイングすれば
力みが取れたスイングになるはずです。

 


スポンサーリンク

関連ページ

プルスライスの原因
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
プッシュスライスの原因
ゴルフでプッシュスライスが出る原因や改善するための矯正方法について解説しています。
スライス原因の動画
ゴルフでスライスが出る原因を動画で詳しく説明しています。あなたに当てはまる原因がわかれば、改善のヒントになるはずです。
フックグリップのメリット
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
フックグリップでスライスする原因
フックグリップにしているのにスライスが改善されない原因や対策方法についてまとめてみました。
ユーティリティのスライスする原因
他のクラブはスライスしないのにユーティリティーだけスライスする原因を考えてみました。
クラブが寝原因と対処法
ゴルフスイング中にクラブが寝るとあらゆるミスショットの原因になります。クラブが寝ている状態や原因、改善方法を徹底解説!
目線を意識する
ゴルフスイング中、目線が変わればスイングが変わるというほどスイングに大きく影響します。スライス改善には目線をどのように意識したらいいかご紹介します。