ユーティリティのスライスする原因

スポンサーリンク

※このページを読むにあたって

このサイトでは右利きのゴルファーを想定して説明します。
左利きの場合は、逆をイメージして読み進めてください。

優しいはずのユーティリティのクラブがスライスする原因とは?

ユーティリティのクラブは
本来優しく打てるような設計になっています。

 

他のクラブはスライスしないのに
ユーティリティだけスライスする、
ということはあまり考えられません。

 

むしろフックになることの方が多いと思います。

 

 

しかし、クラブの選び方によっては
スライスする可能性もあります。

 

ウッド型のユーティリティはヘッドが返りにくい。

 

ユーティリティのクラブには、
ウッド型とアイアン型があります。

 

アイアン型のクラブはヘッドが小さく、
重心が前にあります。

 

反対に、ウッド型のクラブは、
ヘッドが大きく重心が後ろにあります。

 

そのため
アイアン型よりヘッドが返りにくくスライスしやすい構造になっています。

 

アイアンの感覚でダウンブローにスイングすると
クラブフェースが開いたまま当たることがあります。

 

幅広いクラブヘッドのユーティリティは、
フェアウェイウッドのように横から払うような打ち方で打つようにしましょう。

 

 

他のクラブとスペックが違う。

 

ユーティリティのクラブだけ別に買った人は、
他のクラブとスペックが違っている場合があります。

 

例えば、シャフトのメーカーや種類が違うと、
同じRシャフトでも硬さが違う場合があります。

 

また、シャフトがしなるポイント(キックポイント)が違っていることが原因で
スライスしやすくなっていることもあります。

 

キックポイントが手元寄りにある場合、
クラブヘッドが返りにくくスライスしやすくなります。

 

ユーティリティだけスライスする場合、
使っているシャフトの硬さやスペックを
他のクラブと比べてみることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

関連ページ

プルスライスの原因
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
プッシュスライスの原因
ゴルフでプッシュスライスが出る原因や改善するための矯正方法について解説しています。
スライス原因の動画
ゴルフでスライスが出る原因を動画で詳しく説明しています。あなたに当てはまる原因がわかれば、改善のヒントになるはずです。
フックグリップのメリット
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
フックグリップでスライスする原因
フックグリップにしているのにスライスが改善されない原因や対策方法についてまとめてみました。
クラブが寝原因と対処法
ゴルフスイング中にクラブが寝るとあらゆるミスショットの原因になります。クラブが寝ている状態や原因、改善方法を徹底解説!
目線を意識する
ゴルフスイング中、目線が変わればスイングが変わるというほどスイングに大きく影響します。スライス改善には目線をどのように意識したらいいかご紹介します。
力み対策法
力みはミスショットの原因となるのはわかっていてもなかなか改善されないもの。力みが取れてスムーズなスイングを身に着ける方法についてご紹介します。