スイングの矯正法

スポンサーリンク

※このページを読むにあたって

このサイトでは右利きのゴルファーを想定して説明します。
左利きの場合は、逆をイメージして読み進めてください。

スイングの矯正法

スライスの原因とスイングの矯正法がわかれば
コースでスライスが出るようになっても
その日に修正することができます。

 

 

ここでは、スライスが出る様々な原因と
その矯正法について解説します。

スイングの矯正法記事一覧

ドライバーのスライスを改善するにあたって、基本のスイングを理解するということがとても大切です。参考アドレスの基本ドライバーやアイアン問わず、アドレスの前傾姿勢がスイング中に崩れることがスライスの原因となります。しかし、他のクラブはスライスしないのにドライバーだけスライスするのはなぜでしょう?他のクラブはスライスしないのにドライバーだけスライスするのはドライバー特有の原因があるはずです。他のクラブの...

アイアンでスライスする原因は次の3つが考えられます。ダウンブローの意識が強すぎるボールを上げようとするアドレスより体が右に流れるダウンブローの意識が強すぎるダウンブローを意識しすぎると、体のひねりを使わず手から上げて手で降ろすというスイングになるのでアウトサイドインのカット打ちになります。カット打ちの特徴としてそれなりに安定したショットにはなりますが飛距離が著しく落ちる傾向にあります。長年ゴルフを...

悪いインサイドアウトは腕が振れていないため、プッシュスライス、チーピン、シャンクと致命的なミスショットが多くなります。また、インサイドアウトが大きくなるとクラブが下から入りやすくなります。そのため、アイアンのダフリが目立つようになったりグリーンで止まりにくかったりとデメリットの方が大きくなります。こんな症状のある人はインサイドアウトのスイングになっている可能性が大きいです。右に飛んだボールが一番飛...

自分がアウトサイドインのスイングをしていることはなかなか自覚できないものです。しかし、狙っている方向よりボールが左に出る人はアウトサイドインのスイングになっています。アウトサイドインのスイングになる人は、スライスを嫌がるボールに意識が集中しすぎる、ダフリを嫌がるといった傾向があります。プッシュスライスは致命的なミスになるため、それを嫌がって左に振る傾向が強くなり結果的にアウトサイドインのスイングに...

「手首の返しが上手くできずスライスする」という人も多いと思います。左に引っかけが嫌で、手首を返さない癖ができるんですね。特にドライバーはサイドスピンがかかりやすいので、手首の返しができないとスライスしやすくなります。また、長いクラブだとヘッドが返りにくいので、ボールを左に置きすぎる傾向があります。しかし、ボールを左に置きすぎると、逆に手首の返しが難しくなります。その理由は、ボールを左に置いた状態で...

練習場では上手く打てても、コースへ出るとトップが出てしまう。という人も多いと思います。ハーフトップならまだしも、ボールの頭を叩いて全く飛ばない、というショットが出るとへこみますよね。実は、トップが出る原因は、スライスが出る原因と似ています。ボールの行方を追いかけるために、ヘッドアップしてアッパーブローのスイングになってしまうのです。顔を早く上げてしまうため、右肩が下がるスイングになってしまうんです...

自分がオーバースイングをしているって、なかなか気づかないものですよね。でも、人から指摘されると妙に気になるものです。自分のトップの位置は自分では見られないので、オーバースイングを矯正したくても矯正できないという人も多いのではないでしょうか?オーバースイングは、ヘッドスピードが減速しながらインパクトするので、振っている割には飛ばない、ミート率が落ちる、というデメリットがあります。さらに、リストコック...

ゴルフで振り遅れのショットが出ると右へ飛び出して右に曲がるプッシュスライスが出やすくなります。野球やテニスなどの「振り遅れ」とは動くボールに対するタイミングの遅れのことを言いますが止まったボールを打つゴルフではどのような意味なのでしょうか?振り遅れとは、正しいインパクトの位置より後ろでインパクトすることを言います。ゴルフでいう振り遅れとは、クラブの返しがうまくできていなかったり体の動きが先行するな...

ゴルフのスイング中、上から打ち込む意識が強すぎる人は、上体が突っ込む傾向にあります。ゴルフのスイングは、テークバックでクラブフェースが開き、インパクトに近づくにつれて閉じていきます。上体が突っ込んだ打ち方をしていると、クラブフェースが閉じる前にインパクトするため、フェースオープンになりスライスの原因になります。また、上から打ち込むとスピンがかかり過ぎて飛距離が出なくなります。うまくフェースオープン...

ラウンド中にスライスが出だしてスコアを乱すとスライスが止まらず1日中ブルーになってしまう、という方も多いと思います。練習場では真っすぐ打ててもコースではいろいろな原因で真っすぐ打てなくなることはよくあります。例えば、左右にハザードがありプレッシャーがかかる。ドッグレッグのコースで構えにくい。打ち上げ、打ち下ろしで目線の方向が変わる。などの理由が考えられます。他にも、コースでは「絶対曲げたくない」と...

ゴルフのスイング中に右肩が突っ込むと、左に引っ掛けるミスや、スライスの原因になります。クラブフェースのヒールに当たりやすくなるので、弱々しいスライスで飛距離が出なくなります。また、捕まっていい当たりは、真っすぐ左に出たり、フックしたりします。グリーンを狙うショットでコントロールできなくなります。このタイプのスイングの傾向として、左に出たボールは非常に距離が出て、右に出たボールは、あまり飛ばなくなり...

ゴルフでは、手打ちをしなさい、と教える人もいれば、手打ちはだめ、と教える人もいます。また、自分では体を使って打っているつもりだけど、手打ちになっているよ、といわれたことはありませんか?手打ちは、悪い打ち方なのでしょうか?わかりやすい例でいうと、体をまったく動かさないで手の動きだけで打つと、ボールはまったく飛びません。しかし、腕の振りで遠くに飛ばそうとすると、必然的に体の回転もついてきます。あまり体...

スイングのフィニッシュで体重が右に残ると、すくい打ちになりダフりやスライスなどさまざまなミスショットの原因になります。また、インパクトでボールに力が伝わらないためちゃんと当たっても飛ばなくなります。力のあるうちは手打ちでごまかすこともできますが、年を重ねるごとに飛ばなくなってきて、ゴルフが楽しめなくなることもあります。ドライバーショットや左足上がりのショットなど、意図的に体重を右に残すショットはあ...