ドライバースライスの原因と矯正法

スポンサーリンク

※このページを読むにあたって

このサイトでは右利きのゴルファーを想定して説明します。
左利きの場合は、逆をイメージして読み進めてください。

ドライバーでスライスが出る原因と矯正法

ドライバースライス

ドライバーのスライスを改善するにあたって、
基本のスイングを理解する
ということがとても大切です。

 

参考
アドレスの基本

 

ドライバーやアイアン問わず、
アドレスの前傾姿勢がスイング中に崩れることが
スライスの原因となります。

 

しかし、他のクラブはスライスしないのに
ドライバーだけスライスするのはなぜでしょう?

 

他のクラブはスライスしないのにドライバーだけスライスするのは
ドライバー特有の原因があるはずです。

 

他のクラブのスイングはできている前提で
ドライバー特有のスライス原因をあげてみると

 

ドライバー特有のスライス原因は

 

  • ティーアップが高くなる
  • ボールの位置が左足寄りになる
  • ドライバーのロフト角が少ない
  • クラブヘッドが大きくフェースオープンになりやすい

 

この4つが考えられます。

 

ティーアップが高くなる

ゴルフスライス

高くティーアップして打つことにより、
スイングに影響を及ぼす場合が多くみられます。

 

ティーアップが高くなると
そのボールに当てようとする気持ちが働き
下からあおるような打ち方になりやすくなります。

 

そして、インパクトの前に右手が上を向くことにより
クラブフェースがオープンになりスライスします。

 

ドライバーのティーアップがクラブヘッドから
ボールが半分くらい出るくらいの高さが一般的です。

 

それ以上高くする方も多いのでしょう。

 

しかし、ボールの下にスペースができると
どうしてもスイングがあおりやすくなります。

 

そこで、矯正法として
ティーアップを低くして練習することをおすすめします。

 

どれくらい低いのかというと、
ボールの位置がドライバーのスイートスポットと
同じ高さにくるくらいです。

 

練習場ではアイアンティーより少し高いくらいです。

 

そこまで低くするとフェアウェイウッドと同じ感覚です。

 

ボールの下にクラブが入るスペースがほとんどないので
あおり打ちをするとダフリになります。

 

また、クラブが上から入りすぎると
ほとんどボールが上がりません。

 

ドライバーのロフトなりのボールが出るため
低いボールで飛距離が出なくなります。

 

しかし、この低いティーでドライバーを打つ練習で
あおり打ちが抑えられ方向性やミート率がアップします。

 

右足をべた足にする

ゴルフスライス

ティーアップを低くしてドライバーを打つには
体の開きを抑えることが重要です。

 

ドライバーはサイドスピンがかかりやすいクラブなので
体が開くとスライスしやすくなります。

 

体の開きを抑えるポイントは、
インパクトまで右足をべた足にすることです。

 

ボールを上げようとすると自然に右足が前に折れて
右のかかとが上がったようなスイングになります。

 

すると、クラブがインサイドから入り
あおり打ちのスイングになります。

 

体が開きフェースがオープンになるため
右へ出てスライスというボールになります。

 

右足のべた足を意識してスイングすることにより
あおり打ちが矯正され、体の開きも抑えられます。

 

低いティーアップのドライバーが当たらない時は
べた足スイングを意識してみてください。

 

 

ボールの位置が左足寄りになる

 

また、左足の前にあるボールを打とうとして
体が左に流れてしまうケースもあります。

 

左足寄りに置いたボールに当てようとすると
体が開いてフェースがオープンになったり
左肩が下がってアウトサイドインのスイングになったりします。

 

参考
ゴルフスイングで上体の突っ込みの原因と矯正方法
ゴルフスイングで右肩が突っ込む原因と矯正法

 

つまり、他のクラブとボールの位置が変わることにより
スイング中にアドレスの前傾姿勢が崩れてしまうのが
ドライバーだけ右に曲がる原因です。

 

ですから、高いティーアップで左足寄りにボールを置くことが
ドライバーでスライスする原因になっているのです。

 

ドライバーのスライスを矯正するためには、
ボールの位置が変わっても他のクラブと同じような
スイングができるように練習することが大切です。

 

スイング軸を意識する

 

ドライバーのスライスが収まらないのは
スイング軸が左に傾いている可能性があります。

 

打ち込もうという意識が強すぎて
体がボールの方に傾いてしまうのです。

 

ティーアップを低くすると上体が突っ込んでも当たりますが
ボールが上がらなかったり、ブルスライスが出るようになります。

 

ティーアップを普通の高さにすると
ダフリやテンプラの原因にもなります。

 

また、上体が左に突っ込むことで、
クラブヘッドが返らないうちにインパクトするので
クラブフェースが開いて当たりやすくなります。

 

こうなると、アウトサイドインのカット打ちの
スライスが出やすくなります。

 

そうならないためには、顔がボールの右側に残る
ような意識をもってスイングすることが大切です。

 

ビハインド・ザ・ボール(ボールの後ろに頭を残す)です。

 

頭をボールの後ろに残すことによって
クラブヘッドが返りやすく

 

そのためには、アドレスの時に左足の内側に壁がある、
ということを強く意識して
スイング中には顔がその壁を追い越さない
という意識を持つことです。

 

なかなかイメージできないという方は、
パートナーに頼んで後ろから顔の左側に
クラブのグリップをセットしてもらい
そのグリップに当たらないようにスイングするようにすると
わかりやすいかと思います。

 

上体が突っ込んだスイングをしているうちは
スイング中に顔がグリップに当たります。

 

ドライバーはロフト角が少ない

ゴルフスライス

ドライバーはすべてのクラブの中で
最もロフト角が少ないクラブです。

 

一般的にロフト角が少ないクラブほど
スライスしやすくなっています。

 

それは、クラブフェースが
左を向きにくくなっているからです。

 

なので、今のドライバーのロフト角よりも
大きめのロフト角のドライバーを使うのもよい矯正法です。

 

ただし、クラブのスペックが変わると、
ロフト角が大きくなってもスライスが改善されない場合があります。

 

試すときは、同じ種類のヘッド、同じシャフトで
ロフト角のみ違うクラブを試すことをおすすめします。

 

クラブヘッドが大きい

ゴルフスライス

最近のドライバーは飛距離を追求するため
昔に比べてクラブヘッドが大きくなっています。

 

しかし、クラブヘッドが大型になるほど
クラブフェースが返りにくくなります。

 

それは、クラブの重心距離が長くなっているからです。

 

重心距離とは、クラブシャフトからクラブヘッドの重心までの距離です。

 

この距離が長いほどクラブフェースが返りにくく、
スライスしやすいクラブになります。

 

しかし、クラブの形状によって重心距離が変化し、
スライスしにくい形状のドライバーもあります。

 

同じ460㏄のドライバーでもクラブフェースが返りやすく
スライスしにくいものも存在します。

 

今のドライバーがどうしてもスライスするなら、
スライスしにくいドライバーを選択するのもよい方法です。

 

参考
スライスしないドライバーの選び方

 

 

まとめ

 

ドライバーのスライスを矯正するためには
以下の3つを意識して練習することが大切です。

 

  • ティーアップを低くして練習する。
  • 右足をべた足にする
  • スイング軸を意識する。

 

これらの3つを意識して練習することで
ティーアップやボールの位置に左右されず
基本のスイングを身に着けることができるからです。

 

参考
アドレスの基本

 

ただし、お伝えしたような矯正法では
どうしてもスライスが改善されないときは
クラブ自体をスライスしにくいものに変えるのもよい方法です。

 

>>基本のスイングが身に付くDVDはこちら<<

 

 


 

スポンサーリンク

関連ページ

アイアンスライス矯正法
アイアンでスライスが出る原因は手打ちになっているケースが多いです。手打ちでカット打ちになる原因と矯正法についてご紹介します。
インサイドアウトの直し方
インサイドアウトのスイングは、当たれば飛距離が出る反面、プッシュスライスやチーピンなどのミスショットも多く球筋が安定しないスイングです。ここでは、インサイドアウトの悪い例や原因、改善方法についてご紹介します。
アウトサイドインの矯正法
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
スライスしない手首の返し
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
トップが出る原因と矯正方法
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
オーバースイング矯正
オーバースイングになっているかどうか自分ではチェックしにくいので、矯正に苦労している人も多いです。ここでは、オーバースイングを改善できる簡単な方法についてご紹介します。
振り遅れの原因と矯正法
ゴルフにおける振り遅れの原因と矯正法についてまとめてみました。
上体の突っ込み
上体が突っ込むスイングをする人はスライスしやすくなります。上体の突っ込む原因や矯正法についてご紹介します。
スライスの応急処置
ラウンド中にスライスが出たとき、被害を最小限にとどめるための応急処置の方法についてご紹介します。
右肩に突っ込み
ゴルフスイングで、意外と気づきにくい右肩が突っ込む原因と矯正方法についてご紹介します。
手打ちの矯正方法
ゴルフで手打ちが悪いといわれる理由を調べてみました。手打ちで悩んでいたり、ボディターンがうまくできない人必見です。
体重が右に残る
フィニッシュで体重を右に残す打ち方もありますが、正しい体重移動ができないとすべてのショットに悪影響します。ここでは、スイングで体重が右に残る原因や対処法についてまとめてみました。