振り遅れの原因と矯正法

スポンサーリンク

※このページを読むにあたって

このサイトでは右利きのゴルファーを想定して説明します。
左利きの場合は、逆をイメージして読み進めてください。

振り遅れスライスの4人つの原因と矯正方法

ゴルフで振り遅れのショットが出ると
右へ飛び出して右に曲がるプッシュスライスが出やすくなります。

 

野球やテニスなどの「振り遅れ」とは
動くボールに対するタイミングの遅れのことを言いますが
止まったボールを打つゴルフではどのような意味なのでしょうか?

 

振り遅れとは、正しいインパクトの位置より
後ろでインパクトすることを言います。

 

ゴルフでいう振り遅れとは、
クラブの返しがうまくできていなかったり
体の動きが先行するなどの理由から
クラブヘッドがローテーションする前にインパクトすることです。

 

ゴルフスイングはトップスイングからインパクトまで、
クラブフェースが閉じていきインパクトで真っすぐに、
インパクト後は徐々に閉じていくという動きをします。

 

体の動きが先行してクラブヘッドが体より後ろでインパクトすると、
クラブフェースが閉じる前にインパクトするため
開いたまま当たってしまうのです。

 

振り遅れの原因は次の4つが考えられます。

 

  • 体がひねれていない
  • 腰を早く切りすぎる
  • スイング軸が左にスライドする
  • ハンドファーストが強い

 

体がひねれていない

 

テークバックで体をひねらず手で上げる癖のある人は
正面を向いたままスイングする傾向にあります。

 

トップスイングで正面を向いていると、
正しいインパクトに戻すのが難しくなります。

 

腰を回して強振しようとすると体が先行して体の後ろでインパクトすることになります。
正しいインパクトに戻そうとすると
腕の振りだけでスイングしなければいけなくなります。

 

それではなかなか飛距離が出ません。

 

飛ばそうとして体を使った瞬間に振り遅れします。

 

このような振り遅れを矯正するためには、
体を十分にひねったスイングに矯正することです。

 

テークバックで左肩があごに付くくらい体をひねり、
背中が打つ方向を向くようにします。

 

テークバックがいつもより大きくなり、
違和感を感じるかもしれませんが、
慣れるまで練習場で矯正するようにしてください。

 

腰を早く切りすぎる

 

野球スイングをしている人はこのような傾向にあります。

 

左の腰を先行させ腕の振りを遅らせることによって
スイングスピードを上げて飛ばすスイングです。

 

左の腰のリードでヘッドを遅らせながら打つ、
とレッスンしているプロもいるようです。

 

しかし、ゴルフでこのスイングをするとすぐに右へ飛び出します。

 

体のリードだけで腕を振らないことにはフェースは返らず
振り遅れスライスの原因になります。

 

このような振り遅れを矯正するには、
腕を積極的に振る練習をします。

 

トップスイングから左腰をリードするのではなく
腕を使ってクラブヘッドを降ろしてくるイメージで振ります。

 

左腰は止めたまま腕の振りだけでスイングする感じです。

 

積極的に腕の振りでスイングすることにより
クラブフェースが返って振り遅れが改善されます。

 

スイング軸が左にスライドする

 

クラブが長くなるほどボールは左足寄りに置きます。

 

そのため、ボールを打とうとすると
顔の位置がボールの方に寄っていきがちです。

 

するとスイング軸が左にスライドして
体より後ろでインパクトすることになり
振り遅れの原因になります。

 

クラブが長くなるにつれてボールの位置が左足寄りになりますが
ボールに当てよう、打ち込もうとすると
どうしてもスイング軸がずれやすくなります。

 

このような振り遅れを矯正するためには、
目線の位置を気を付けることです。

 

ボールの位置が左になるほど目線の位置をボールの側面に向けるようにします。

 

ドライバーでもボールの上に目線があるということは、
スイング軸が左にスライドしています。

 

ボールの右側面を見ながらスイングしているか
確認するようにしてください。

 

ハンドファーストが強い

インパクトの瞬間、ボールを潰して打つ傾向にある人は
このパターンの可能性が大きいです。

 

方向性を意識しすぎるあまり、
クラブフェースを返さず
上から打ち込む 癖のある人です。

 

このタイプの人は、
インパクトでハンドファーストになりすぎる人が多いです。

 

インパクトからフォローにかけて、
左肘が引けてクラブフェースを返さないスイングの人は
振り遅れています。

 

アドレスの構えでは通常、
グリップが左足の内側にあるのが普通ですが
インパクトの時にそれより前にグリップが来ると
クラブフェースが開いてしまいます。

 

プッシュスライスを嫌がると
左に打ちだそうとして
アウトサイドインに振るようになり
プルスライスになることもあります。

 

クラブフェースを返さないため、
低いボールしか出なくなり
飛距離も出ません。

 

ショートアイアンは飛ぶけど
ミドルアイアンより大きいクラブは
いくら腕を振っても飛距離が出ない、
という人はこのスイングかもしれません。

 

このようなスイングを改善するには
インパクトからフォローにかけてクラブヘッドを返して、
手元よりヘッドを先行させる感覚を掴む必要があります。

 

無理に腕を振ろうとせず
クラブフェースを返すイメージで
スイングの練習をしましょう。

 

テイクバックからインパクトにかけては左手が体の前を向き、
インパクトからフォローにかけては右手が体の前を向くようにスイングの練習をします。

 

インパクトの少し手前で右手が左手を追い越すようなイメージでスイングします。

 

手首の返しができるようになれば、
ヘッドスピードが上がり飛距離も出るようになります。

 

始めは手首を返す感覚がわからず
方向性が安定しないかもしれませんが、
練習するうちにまっすぐ打てる感覚が身につくはずです。

 

まとめ

 

以上のようにゴルフで振り遅れをするのは、
クラブヘッドが体より後ろにある時にインパクトする
というのが原因です。

 

クラブヘッドが返らないうちにインパクトするため
右にプッシュスライス、それを嫌がって手を返すと
ダックフックなどの球が出るようになります。

 

振り遅れを矯正するためにはスイングを大きく見直す必要があります。

 

はじめは違和感がありうまく打てなくなるかもしれませんが
諦めないで反復練習して慣れるようにしてください。

 

スポンサーリンク

関連ページ

ドライバースライスの矯正
ドライバーはスライスしやすいクラブです。ドライバー特有のスライスする原因や矯正方法についてご紹介します。
アイアンスライス矯正法
アイアンでスライスが出る原因は手打ちになっているケースが多いです。手打ちでカット打ちになる原因と矯正法についてご紹介します。
インサイドアウトの直し方
インサイドアウトのスイングは、当たれば飛距離が出る反面、プッシュスライスやチーピンなどのミスショットも多く球筋が安定しないスイングです。ここでは、インサイドアウトの悪い例や原因、改善方法についてご紹介します。
アウトサイドインの矯正法
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
スライスしない手首の返し
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
トップが出る原因と矯正方法
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
オーバースイング矯正
オーバースイングになっているかどうか自分ではチェックしにくいので、矯正に苦労している人も多いです。ここでは、オーバースイングを改善できる簡単な方法についてご紹介します。
上体の突っ込み
上体が突っ込むスイングをする人はスライスしやすくなります。上体の突っ込む原因や矯正法についてご紹介します。
スライスの応急処置
ラウンド中にスライスが出たとき、被害を最小限にとどめるための応急処置の方法についてご紹介します。
右肩に突っ込み
ゴルフスイングで、意外と気づきにくい右肩が突っ込む原因と矯正方法についてご紹介します。
手打ちの矯正方法
ゴルフで手打ちが悪いといわれる理由を調べてみました。手打ちで悩んでいたり、ボディターンがうまくできない人必見です。
体重が右に残る
フィニッシュで体重を右に残す打ち方もありますが、正しい体重移動ができないとすべてのショットに悪影響します。ここでは、スイングで体重が右に残る原因や対処法についてまとめてみました。