インサイドアウトの改善方法

スポンサーリンク

※このページを読むにあたって

このサイトでは右利きのゴルファーを想定して説明します。
左利きの場合は、逆をイメージして読み進めてください。

悪いインサイドアウトの3つの原因と矯正法

悪いインサイドアウトは腕が振れていないため、
プッシュスライス、チーピン、シャンクと
致命的なミスショットが多くなります。

 

また、インサイドアウトが大きくなると
クラブが下から入りやすくなります。

 

そのため、アイアンのダフリが目立つようになったり
グリーンで止まりにくかったりと
デメリットの方が大きくなります。

 

こんな症状のある人はインサイドアウトのスイングに
なっている可能性が大きいです。

 

  • 右に飛んだボールが一番飛距離が出る。
  • ドライバーでナイスショットしてもセカンド以降でミスすることが多い。
  • コースでシャンクが止まらなくなることがある。

 

 

悪いインサイドアウトになる原因として、
3つの原因が考えられます。

 

 

  • 体重移動ができず右足に重心が残る
  • スイング軸が右に傾いている
  • ダウンスイングでクラブが寝る

 

体重移動ができず右足に重心が残る

ゴルフスライス矯正

体重移動ができず右足に重心が残ると、
スイング軌道の最下点がボールの手前になります。

 

そのため、インサイドアウトで、
アッパーブローのスイングになりやすくなります。

 

ボールに力が伝わらないため、
ボールが飛ばなくなったり、
ダフリやシャンクなどのミスショットが増えます。

 

体重移動ができていない人は、
スイングした後に体重が右に残っているので
チェックできると思います。

 

体重移動ができずに右足に体重が残る人は
ボールに当てたいという気持ちが強い人、
または飛ばそうとして右足に体重を乗せすぎる人です。

 

ボールに当てたいという気持ちが強い人は
テークバックまでは体重移動の意識があっても
ダウンスイングからその意識がなくなってしまいます。

 

すると、体重が右足に残ったまま
腕が十分に振れていないので
悪いインサイドアウトのスイングになります。

 

このままでは、クラブが振り切れていないので
飛距離もかなり落ちてしまいます。

 

このようなタイプの人は、
練習場では正しくスイングできても
コースに出てインサイドアウトになる人が多いです。

 

コースに出ると曲がるのが怖くなって
スイングできなくなるのが大きな原因です。

 

また、飛ばそうとして右足に体重を乗せすぎる人は、
膝や腰を回転させすぎて
ダウンスイングで左足に体重が移動できなくなっています。

 

クラブをしっかり振って飛距離が出ても
プッシュスライスやフックなどのミスが多くなります。

 

このような場合は、トップの位置でスイングを止めて、
右ひざが右を向いていないかチェックしてみてください。

 

右足に体重が残る人の改善方法は、
次のようなことを意識して
スイングするようにするのが効果的です。

 

  • テークバックからダウンスイングにかけて体を使いすぎない。
  • テークバックを肩の回転で上げる。
  • ダウンスイングからフォローにかけて腰や肩の回転でスイングする。

 

 

スイング軸が右に傾いている

ゴルフスライス矯正

スイング軸が右に傾いていると
右肩が下がり、左肩が上がって
下からあおるようなスイングになります。

 

 

ドライバーならそれでいいかもしれませんが、
アイアンだとダフリのミスが多くなります。

 

 

軸が右に傾いているのは簡単にチェックできます。

 

 

それは、アドレスの時にボールが
見える位置をチェックすることです。

 

 

ボールの右半分が見えているということは
軸が右に傾いている証拠です。

 

 

右に傾いた軸を改善するには
ボールを真上から見るように意識することです。

 

ボールを右に置くほどインサイドアウトが強くなる!

 

ゴルフスライス矯正

インサイドアウトのスイングになると
下からあおるようなスイングになるため
アイアンはダフリやすくなります。

 

 

そのため、ボールを右寄りに
置いて打つようになります。

 

スイング軸が右に傾いているのも
ボールの位置を右に置きすぎているのが原因です。

 

アイアンのダフリが嫌で右足寄りにボールを置くため
インサイドアウトが強くなっていくのです。

 

ボールの位置を右に置きすぎると、
スイングの最下点の手前でインパクトするので
フェースが開いて当たりやすく
プッシュスライスのミスが多くなります。

 

大げさに矯正するのがポイント!

 

プッシュアウトが出ているということは
インサイドアウト軌道でスイングしている証拠です。

 

 

インサイドアウトを矯正するには
ボールを左に打ち出すようにします。

 

 

ボールを左足の左に置いて、
左に打ち出す球を打ってください。

 

 

今までのように足や腰、体で切り返しているのではなく
手から振り下ろすような感覚で打っていきます。

 

 

左に打ち出すという感覚をつかむまで
何回も打ち直してみてください。

 

 

感覚がつかめてきたら
ボールの位置を少しずつ右に寄せます。

 

 

そこで、プッシュアウトが出たら
またやり直しです。

 

 

感覚をつかむまで何回もやり直してください。

 

 

ダウンスイングでクラブが寝る

 

ダウンスイングでクラブが寝る、とは、
後ろから見るとクラブが地面と水平に近くなる状態です。

 

このようなスイングになっているかどうかは
自分のスイングをビデオで撮影して
見てみるとわかります。

 

クラブが寝ると、
フェースが開いてインサイドアウトのスイングになるため
プッシュスライスやシャンクが出るようになります。

 

なぜこのようなスイングになるかというと

 

  • ダウンスイングで右手が左手の下にある
  • ダウンスイングで左ひざが伸びてしまう

 

といった原因が考えられます。

 

ダウンスイングで右手が左手の下にある

 

トップからの切り返しの時に左手の甲が上を向いてしまうと
クラブが寝てしまいます。

 

球を上げようとしたり当てようとする意識が強いと
このようなスイングになることが多くなります。

 

そんなときは、ダウンスイングで
左手が右手の下にくるように意識してスイングすることが効果的です。

 

トップからインパクトまでの間、
左手が右手の下にくるように意識することにより
クラブフェースも開かなくなり
クラブが立って下りてくるようになります。

 

ダウンスイングで左ひざが伸びてしまう

 

トップからダウンスイングまでの間で体を使いすぎると
左膝が伸びてしまいクラブが寝てしまいます。

 

体が右側に傾いて
下からすくい上げるようなスイングになります。

 

このような場合は
左足の内側が浮いてしまいます。

 

改善方法としては、
左足の内側が浮かないように左足べた足を意識して
スイングすることです。

 

ダウンスイングで体の動きを抑えて、
肩の回転だけでスイングするようにしてください。

 

スポンサーリンク

関連ページ

ドライバースライスの矯正
ドライバーはスライスしやすいクラブです。ドライバー特有のスライスする原因や矯正方法についてご紹介します。
アイアンスライス矯正法
アイアンでスライスが出る原因は手打ちになっているケースが多いです。手打ちでカット打ちになる原因と矯正法についてご紹介します。
アウトサイドインの矯正法
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
スライスしない手首の返し
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
トップが出る原因と矯正方法
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
オーバースイング矯正
オーバースイングになっているかどうか自分ではチェックしにくいので、矯正に苦労している人も多いです。ここでは、オーバースイングを改善できる簡単な方法についてご紹介します。
振り遅れの原因と矯正法
ゴルフにおける振り遅れの原因と矯正法についてまとめてみました。
上体の突っ込み
上体が突っ込むスイングをする人はスライスしやすくなります。上体の突っ込む原因や矯正法についてご紹介します。
スライスの応急処置
ラウンド中にスライスが出たとき、被害を最小限にとどめるための応急処置の方法についてご紹介します。
右肩に突っ込み
ゴルフスイングで、意外と気づきにくい右肩が突っ込む原因と矯正方法についてご紹介します。
手打ちの矯正方法
ゴルフで手打ちが悪いといわれる理由を調べてみました。手打ちで悩んでいたり、ボディターンがうまくできない人必見です。
体重が右に残る
フィニッシュで体重を右に残す打ち方もありますが、正しい体重移動ができないとすべてのショットに悪影響します。ここでは、スイングで体重が右に残る原因や対処法についてまとめてみました。