アイアンスライス矯正法

スポンサーリンク

※このページを読むにあたって

このサイトでは右利きのゴルファーを想定して説明します。
左利きの場合は、逆をイメージして読み進めてください。

アイアンでよくあるスライス原因と矯正法

アイアンスライス

アイアンでスライスする原因は次の3つが考えられます。

 

  • ダウンブローの意識が強すぎる
  • ボールを上げようとする
  • アドレスより体が右に流れる

 

ダウンブローの意識が強すぎる

 

ダウンブローを意識しすぎると、
体のひねりを使わず手から上げて
手で降ろすというスイングになるので
アウトサイドインのカット打ちになります。

 

カット打ちの特徴として
それなりに安定したショットにはなりますが
飛距離が著しく落ちる傾向にあります。

 

長年ゴルフをしていて伸び悩みを感じている方などは
このような打ち方になっている方が多いです。

 

また、インパクトからフォローにかけて
手の行き場がなくなるため、
腰が引けたり、体が開いたりします。

 

アウトサイドインを矯正するには、
手打ちを防ぎ、肩の回転でスイングする
ことが重要になります。

 

そのため、両腕とグリップでできる三角形を
崩さないように意識して打つことが大切です。

 

テイクバックからトップ、インパクトまで
左腕を伸ばしクラブと腕が
一体になって動くようにスイングします。

 

両腕とクラブを一体にしてスイングすることにより
自然と肩が回転して体を使ったスイングになるからです。

 

また、手打ちの傾向にある方の特徴として、
ボールを左足寄りに置きすぎている傾向にあります。

 

なので、ボールの位置も左足寄りになっていないか、
チェックするようにしてください。

 

また、手打ちの癖を直すために効果的な練習があります。

 

それは、アイアンを3本持って素振りをすることです。

 

重たいクラブを使って素振りをすることで
嫌でも体を使ったスイングを身に着けることができます。

 

普段ボールを打つ時でも、
重たいクラブを振っているイメージを持つことで
自然に体を使ってスイングする感覚がつかめます。

 

ボールを上げようとする

 

ドライバーのスライス原因と同じように、
ボールを上げようとするとアッパーブローのスイングになり
インサイドアウトのスイングになります。

 

そのため、ボールが右へ出て右に曲がる
プッシュスライスになります。

 

参考
ドライバーでスライスが出る原因と矯正法

 

ドライバーと違うのはダフリ、トップが増えることです。

 

この打ち方ではドライバーもアイアンもスライスが出て、
ゴルフが楽しめない初心者に多くみられる打ち方です。

 

また、4~6番アイアンが苦手な方などは
苦手意識からボールを上げようとして
このような打ち方になることもあります。

 

アッパーブローを矯正するためには、
まずボールを上げようとする
意識をなくさなければいけません。

 

ミドルアイアンでライナーを打つ
イメージでスイングしてみましょう。

 

球筋が低くなっても距離は出るはずです。

 

また、ボールを上げようとする傾向のある方は、
ヘッドアップしている可能性もあります。

 

ヘッドアップをするとクラブの返しが
無いままインパクトするので
スライスしやすくなります。

 

ヘッドアップを修正するためには
アドレスでボールのある位置を見たまま
スイングする練習をします。

 

この練習をすることで体の動きが止まって
腕の振りでスイングするため
ヘッドの返しを利用して打つ感覚がつかめます。

 

アドレスより体が左に流れる

 

アイアンのダフリを気を付けている方などは
必要以上に体を左にスライドして打つ方もいます。

 

このような打ち方をすると
クラブヘッドが返る前にインパクトするので
フェースが開いて当たりやすくなります。

 

正しいクラブ軌道でスイングしている場合は
右へ出て右に曲がるプッシュスライスになります。

 

また、このような打ち方をしている方は
シャンクも出やすい傾向にあります。

 

それを調整しようとして
アウトサイドインのスイングに
修正しようとするのは間違えです。

 

カット打ちのスイングになり
飛距離が出なくなります。

 

まずは、アドレスの姿勢をキープしたまま
スイングをする練習をするのが効果的です。

 

このような打ち方をしている方は
ボールに当てようとする意識が強すぎる方が多いです。

 

そのため、練習場でできてもコースでできない
ということがよく起こります。

 

そのため、アドレスの姿勢をキープする
という意識を強く持つことが大切です。

 

体の回転を利用して打つというよりは
体を止めて腕の振りを利用して打つ
というイメージで練習します。

 

ダウンスイングは腕から下ろす
というイメージをもって練習してください。

 


スポンサーリンク

関連ページ

ドライバースライスの矯正
ドライバーはスライスしやすいクラブです。ドライバー特有のスライスする原因や矯正方法についてご紹介します。
インサイドアウトの直し方
インサイドアウトのスイングは、当たれば飛距離が出る反面、プッシュスライスやチーピンなどのミスショットも多く球筋が安定しないスイングです。ここでは、インサイドアウトの悪い例や原因、改善方法についてご紹介します。
アウトサイドインの矯正法
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
スライスしない手首の返し
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
トップが出る原因と矯正方法
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
オーバースイング矯正
オーバースイングになっているかどうか自分ではチェックしにくいので、矯正に苦労している人も多いです。ここでは、オーバースイングを改善できる簡単な方法についてご紹介します。
振り遅れの原因と矯正法
ゴルフにおける振り遅れの原因と矯正法についてまとめてみました。
上体の突っ込み
上体が突っ込むスイングをする人はスライスしやすくなります。上体の突っ込む原因や矯正法についてご紹介します。
スライスの応急処置
ラウンド中にスライスが出たとき、被害を最小限にとどめるための応急処置の方法についてご紹介します。
右肩に突っ込み
ゴルフスイングで、意外と気づきにくい右肩が突っ込む原因と矯正方法についてご紹介します。
手打ちの矯正方法
ゴルフで手打ちが悪いといわれる理由を調べてみました。手打ちで悩んでいたり、ボディターンがうまくできない人必見です。
体重が右に残る
フィニッシュで体重を右に残す打ち方もありますが、正しい体重移動ができないとすべてのショットに悪影響します。ここでは、スイングで体重が右に残る原因や対処法についてまとめてみました。