上体の突っ込みの原因と矯正方法

スポンサーリンク

※このページを読むにあたって

このサイトでは右利きのゴルファーを想定して説明します。
左利きの場合は、逆をイメージして読み進めてください。

ゴルフスイングで上体の突っ込みの原因と矯正方法

ゴルフのスイング中、
上から打ち込む意識が強すぎる人は、
上体が突っ込む傾向にあります。

 

ゴルフのスイングは、
テークバックでクラブフェースが開き、
インパクトに近づくにつれて閉じていきます。

 

上体が突っ込んだ打ち方をしていると、
クラブフェースが閉じる前にインパクトするため、
フェースオープンになりスライスの原因になります。

 

 

また、上から打ち込むと
スピンがかかり過ぎて飛距離が出なくなります。

 

うまくフェースオープンを修正すれば
安定したショットにすることはできますが、
飛距離が安定しないので上達速度が遅くなるでしょう。

 

突っ込んで安定した球を打っている人は
気づかないうちに飛距離が落ち、
いくら振っても飛ばなくなることもあるので注意が必要です。

 

上体が突っ込む原因としては、
ボールを上から見ているということがあげられます。

 

ショートアイアンは上から見ても大丈夫ですが、
クラブが長くなるにつれて、ボールの位置が左に移動するため、
アドレスから上体が突っ込むスイングになります。

 

 

そのため、ショートアイアンはそこそこ飛距離が出ても、
ミドルアイアンからクラブが長くなるにつれて
飛距離が出なくなるという現象が起こります。

 

例えば、ドライバーより
5番ウッドの方が飛距離が出るなら注意が必要です。

 

上体の突っ込みを修正するためには、

 

  • 目線をボールの後ろに置く
  • 特にドライバーは5cm程度後ろに置く
  • インパクトまでボールを見ている

 

ような意識でスイングすることが大切です。

 

コースに出るとボールの行き先が気になり、
インパクトの前に顔を上げたり、
突っ込む傾向がより強くなります。

 

練習場でスライスしなくてもコースでスライスする人は
上体が突っ込んでいる可能性があります。

 

なので、実践でできるように、
普段の練習から意識して練習するようにしてください。

 

スポンサーリンク

関連ページ

ドライバースライスの矯正
ドライバーはスライスしやすいクラブです。ドライバー特有のスライスする原因や矯正方法についてご紹介します。
アイアンスライス矯正法
アイアンでスライスが出る原因は手打ちになっているケースが多いです。手打ちでカット打ちになる原因と矯正法についてご紹介します。
インサイドアウトの直し方
インサイドアウトのスイングは、当たれば飛距離が出る反面、プッシュスライスやチーピンなどのミスショットも多く球筋が安定しないスイングです。ここでは、インサイドアウトの悪い例や原因、改善方法についてご紹介します。
アウトサイドインの矯正法
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
スライスしない手首の返し
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
トップが出る原因と矯正方法
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
オーバースイング矯正
オーバースイングになっているかどうか自分ではチェックしにくいので、矯正に苦労している人も多いです。ここでは、オーバースイングを改善できる簡単な方法についてご紹介します。
振り遅れの原因と矯正法
ゴルフにおける振り遅れの原因と矯正法についてまとめてみました。
スライスの応急処置
ラウンド中にスライスが出たとき、被害を最小限にとどめるための応急処置の方法についてご紹介します。
右肩に突っ込み
ゴルフスイングで、意外と気づきにくい右肩が突っ込む原因と矯正方法についてご紹介します。
手打ちの矯正方法
ゴルフで手打ちが悪いといわれる理由を調べてみました。手打ちで悩んでいたり、ボディターンがうまくできない人必見です。
体重が右に残る
フィニッシュで体重を右に残す打ち方もありますが、正しい体重移動ができないとすべてのショットに悪影響します。ここでは、スイングで体重が右に残る原因や対処法についてまとめてみました。