右肩が突っ込む原因と矯正法

スポンサーリンク

※このページを読むにあたって

このサイトでは右利きのゴルファーを想定して説明します。
左利きの場合は、逆をイメージして読み進めてください。

ゴルフスイングで右肩が突っ込む原因と矯正法

ゴルフのスイング中に右肩が突っ込むと、
左に引っ掛けるミスや、スライスの原因になります。

 

クラブフェースのヒールに当たりやすくなるので、
弱々しいスライスで飛距離が出なくなります。

 

また、捕まっていい当たりは、
真っすぐ左に出たり、フックしたりします。

 

グリーンを狙うショットでコントロールできなくなります。

 

このタイプのスイングの傾向として、
左に出たボールは非常に距離が出て、
右に出たボールは、あまり飛ばなくなります。

 

この傾向はショートアイアンに多く現れ、
長いクラブは飛ばなくなります。

 

ショートアイアンは、飛距離に差が出るので、
コントロールが難しくなります。

 

右肩が突っ込む原因としては、次のことが考えられます。

 

  • スライスを抑えようとしている。
  • 右腕が強すぎる。

 

スライスを抑えようとしている

 

例えば、プッシュスライスが出る人は、
それを抑えようと右肩が突っ込んだスイングになっている可能性があります。

 

右手でクラブフェースをかぶせて、
右へのミスを防いでいるのです。

 

この場合は、左に真っすぐ出るか、
チーピンになることがあります。

 

または、うまくプルスライスで
安定させることができるかもしれません。

 

このスイングではロフトのあるクラブは距離が出ますが、
ドライバーやロングアイアンなど、
ロフトのないクラブは飛ばなくなる傾向にあります。

 

このスイングを矯正するには、
フックグリップにする必要があります。

 

フックグリップにすることにより、
クラブフェースを返そうとしなくても
自然にローテーションすることができるからです。

 

しかし、正しいフックグリップで握らないと、
スライスが改善されないことがあります。

 

右手を上から握ろうとすると、
アドレスで必然的に右肩が前に出てきます。

 

左手をかぶせたら、
右手は平行になるように握りましょう。

 

参考
フックグリップでもスライスする原因とは?

 

右腕が強すぎる

 

ゴルファーの大半が右利きで右打ちです。

 

そのため、右腕が強すぎる傾向が多かれ少なかれあると思います。

 

そのため気をつけないと、
右手で打ちにいって右肩が突っ込むことがあります。

 

切り返しのときに飛ばそうと力が入ると、
自然に右腕だけに力が入ることが原因です。

 

また、アイアンの場合は、
右手で打ち込もうという意識が強いと
右肩が突っ込むスイングになることがあります。

 

いずれの場合でも共通していえるのは、
手打ちになっているということです。

 

本来の円軌道のスイングが崩れ、
直接的にボールを打ちにいっています。

 

このスイングを矯正するには、
体の回転と腕の動きが同調して動くように
スイングを改善してやる必要があります。

 

そのために効果的な練習はハーフスイングです。

 

ハーフスイング中は、両腕でできた三角形を崩さず、
常にグリップの先がおへそを向いていることを意識してスイングします。

 

この練習をすることで、
体と腕が同調して動く感覚を身につけることができます。

 

慣れてきたら少しずつ振り幅を大きくしていきます。

 

まとめ

 

ここでは、スイング中に右肩が突っ込む原因や
矯正方法についてお伝えしました。

 

右肩の突っ込みは、
ミスを防ごう、打ち込もう、
などといった意識から自然に右手を使いすぎてしまうことが原因です。

 

ある程度ゴルフを経験して、
うまく打ちたい、という意識から陥る癖です。

 

仮にこのスイングで安定していても、
飛距離が落ちて伸び悩むケースが多いです。

 

腕の動きを抑え、体と腕が同調して動くように矯正することが、
右肩の突っ込みを矯正するポイントです。

 

スポンサーリンク

関連ページ

ドライバースライスの矯正
ドライバーはスライスしやすいクラブです。ドライバー特有のスライスする原因や矯正方法についてご紹介します。
アイアンスライス矯正法
アイアンでスライスが出る原因は手打ちになっているケースが多いです。手打ちでカット打ちになる原因と矯正法についてご紹介します。
インサイドアウトの直し方
インサイドアウトのスイングは、当たれば飛距離が出る反面、プッシュスライスやチーピンなどのミスショットも多く球筋が安定しないスイングです。ここでは、インサイドアウトの悪い例や原因、改善方法についてご紹介します。
アウトサイドインの矯正法
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
スライスしない手首の返し
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
トップが出る原因と矯正方法
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
オーバースイング矯正
オーバースイングになっているかどうか自分ではチェックしにくいので、矯正に苦労している人も多いです。ここでは、オーバースイングを改善できる簡単な方法についてご紹介します。
振り遅れの原因と矯正法
ゴルフにおける振り遅れの原因と矯正法についてまとめてみました。
上体の突っ込み
上体が突っ込むスイングをする人はスライスしやすくなります。上体の突っ込む原因や矯正法についてご紹介します。
スライスの応急処置
ラウンド中にスライスが出たとき、被害を最小限にとどめるための応急処置の方法についてご紹介します。
手打ちの矯正方法
ゴルフで手打ちが悪いといわれる理由を調べてみました。手打ちで悩んでいたり、ボディターンがうまくできない人必見です。
体重が右に残る
フィニッシュで体重を右に残す打ち方もありますが、正しい体重移動ができないとすべてのショットに悪影響します。ここでは、スイングで体重が右に残る原因や対処法についてまとめてみました。