アウトサイドインの矯正法

スポンサーリンク

※このページを読むにあたって

このサイトでは右利きのゴルファーを想定して説明します。
左利きの場合は、逆をイメージして読み進めてください。

飛距離が出ない!アウトサイドインの矯正法

ゴルフアウトサイドイン

自分がアウトサイドインのスイングをしていることは
なかなか自覚できないものです。

 

しかし、狙っている方向よりボールが左に出る人は
アウトサイドインのスイングになっています。

 

アウトサイドインのスイングになる人は、

 

  • スライスを嫌がる
  • ボールに意識が集中しすぎる、
  • ダフリを嫌がる

 

といった傾向があります。

 

プッシュスライスは致命的なミスになるため、
それを嫌がって左に振る傾向が強くなり
結果的にアウトサイドインのスイングになりやすくなります。

 

また、ダフリを嫌がって
ボールに当てようとする意識が働くと
手打ちの傾向が強くなりアウトサイドインになります。

 

ボールを真っすぐ飛ばしたい、
ボールに当てたい、
という意識から小手先で修正しようとして
結果的に手打ちのスイングになるのです。

 

アウトサイドインのスイングプレーンでは、
左に引っかけるミスが出るため
引っかけを怖がってクラブフェースを返さなくなります。

 

その結果、球筋が左へ出て右に戻る球になり
それなりに安定した球が出るようになります。

 

しかし、クラブフェースを返さないので
このスイングで固まってしまうと
飛距離が著しく落ちます。

 

アウトサイドインのスイングを矯正する方法は
次の3つが考えられます

  • ボールを右足よりに置く
  • フックグリップにする
  • 右腕を使いすぎている

 

ボールを右足よりに置く

 

通常よりもボールを左に置きすぎると
普通のスイングをしたのではダフってしまいます。

 

そのため、ダフリを嫌がってボールを直接打ちにいくため
右の肩が前に出てスタンスが左を向いてしまいます。

 

アドレスの姿勢も左に傾いて
アウトサイドインの軌道になります。

 

アウトサイドインの矯正方法として、
極端にボールを右足寄りに置いて
ボールを右に打ち出す練習をするのが効果的です。

 

通常よりもボール2~3個右足寄りに置いて
右に打ち出す練習をしましょう。

 

ここで、注意点としてアドレスの時の
手の位置も右寄りにならないことです。

 

手の位置は左足の太ももの位置にくるように構えましょう。

 

つまり極端なハンドファーストの
構えになるということです。

 

フックグリップにする

 

ボールを右足寄りに置いてプッシュスライスが出る場合、
インパクトでクラブフェースが開いています。

 

今までアウトサイドインでクラブフェースを返さずに打っていたので、
このような現象が起こるのは普通のことです。

 

プッシュスライスをドローボールに変えていくには
グリップをフックグリップに修正します。

 

参考
【スイングの基本】グリップの握り方
フックグリップでもスライスする原因とは?

 

今までのグリップよりも左手をグリップを
上からかぶせるように握り
右手は左手と平行になるように握ります。

 

極端なハンドファーストで構えて
極端なフックグリップに構えることにより、
右に出てフックで戻ってくるボールが出やすくなります。

 

右足寄りにボールを置くことで
左へ突っ込むスイングも矯正されて
インサイドアウトに振れるようになるでしょう。

 

100%フックボールが打てる感覚をつかんだら
ボールの位置を少しずつ左へ戻し、
フックグリップもスクエアに戻していきます。

 

ボールの右前にかごを置いてみる

 

それでも、どうしてもアウトサイドインのスイングが治らない場合は
ボールの右前10cmくらいの所に練習ボールのかごなどを置き
かごを打たないように練習するのが効果的です。

 

クラブが外から入ってくるスイングだと
クラブヘッドがかごに当たってしまうはずです。

 

間違えてかごを打ってしまうと周りに迷惑がかかるので
いやでもインサイドから下ろすようになるはずです。

 

いきなりフルスイングをすると
かごを打ってしまう危険性があるので
最初は小さなスイングから練習します。

 


スポンサーリンク

関連ページ

ドライバースライスの矯正
ドライバーはスライスしやすいクラブです。ドライバー特有のスライスする原因や矯正方法についてご紹介します。
アイアンスライス矯正法
アイアンでスライスが出る原因は手打ちになっているケースが多いです。手打ちでカット打ちになる原因と矯正法についてご紹介します。
インサイドアウトの直し方
インサイドアウトのスイングは、当たれば飛距離が出る反面、プッシュスライスやチーピンなどのミスショットも多く球筋が安定しないスイングです。ここでは、インサイドアウトの悪い例や原因、改善方法についてご紹介します。
スライスしない手首の返し
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
トップが出る原因と矯正方法
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
オーバースイング矯正
オーバースイングになっているかどうか自分ではチェックしにくいので、矯正に苦労している人も多いです。ここでは、オーバースイングを改善できる簡単な方法についてご紹介します。
振り遅れの原因と矯正法
ゴルフにおける振り遅れの原因と矯正法についてまとめてみました。
上体の突っ込み
上体が突っ込むスイングをする人はスライスしやすくなります。上体の突っ込む原因や矯正法についてご紹介します。
スライスの応急処置
ラウンド中にスライスが出たとき、被害を最小限にとどめるための応急処置の方法についてご紹介します。
右肩に突っ込み
ゴルフスイングで、意外と気づきにくい右肩が突っ込む原因と矯正方法についてご紹介します。
手打ちの矯正方法
ゴルフで手打ちが悪いといわれる理由を調べてみました。手打ちで悩んでいたり、ボディターンがうまくできない人必見です。
体重が右に残る
フィニッシュで体重を右に残す打ち方もありますが、正しい体重移動ができないとすべてのショットに悪影響します。ここでは、スイングで体重が右に残る原因や対処法についてまとめてみました。