オーバースイング矯正

スポンサーリンク

※このページを読むにあたって

このサイトでは右利きのゴルファーを想定して説明します。
左利きの場合は、逆をイメージして読み進めてください。

超簡単!オーバースイングを矯正する方法とは?

ゴルフスライス矯正

自分がオーバースイングをしているって、
なかなか気づかないものですよね。

 

でも、人から指摘されると
妙に気になるものです。

 

自分のトップの位置は自分では見られないので、
オーバースイングを矯正したくても矯正できない
という人も多いのではないでしょうか?

 

 

オーバースイングは、
ヘッドスピードが減速しながらインパクトするので、

  • 振っている割には飛ばない、
  • ミート率が落ちる、

というデメリットがあります。

 

 

さらに、リストコックを使いすぎる傾向にあるため

  • 飛距離が安定しない
  • 大きく曲がる

というミスが多くなります。

 

 

オーバースイングをする人の特徴として、

  • トップスイングで左手が折れる。
  • 左手のグリップが甲側に折れている。
  • コックを使いすぎている。

などが挙げられます。

 

 

オーバースイングを矯正する方法としては
次のような方法があります。

 

腕と肩を結んだ三角形を崩さない

 

コックの使いすぎや左腕が折れるのを矯正するには
腕と肩を結んだ三角形を崩さずに打つ
という練習が有効になります。

 

 

この練習をすることで手打ちが矯正され
体の回転を使って打てるようになります。

 

 

フルショットは難しいですが、
膝から膝までのスイングから始め、
腰から腰までは崩さずに打てるよう練習しましょう。

 

 

スイングのテンポを上げる

なかなか直しにくいオーバースイングですが、
意外と簡単に矯正する方法があります。

 

 

それは、スイングのテンポを上げて振ることです。

 

 

今まで、1,2,3のテンポで振っていたものを
意識的に1,2のテンポで振ります。

 

 

オーバースイングだと早く振れないんですね。

 

 

なので、スイングのテンポをMAXにして振り続けることで、
オーバースイングの矯正になります。

 

スイングをビデオでチェックする

 

また、自分のトップの位置は
なかなかチェックできないので
自分のスイングはビデオ撮影することをおすすめします。

 

 

自分のスイングを客観的に見ることは、
スイング上達の早道なので、
是非参考にしてみてください。

 

 


スポンサーリンク

関連ページ

ドライバースライスの矯正
ドライバーはスライスしやすいクラブです。ドライバー特有のスライスする原因や矯正方法についてご紹介します。
アイアンスライス矯正法
アイアンでスライスが出る原因は手打ちになっているケースが多いです。手打ちでカット打ちになる原因と矯正法についてご紹介します。
インサイドアウトの直し方
インサイドアウトのスイングは、当たれば飛距離が出る反面、プッシュスライスやチーピンなどのミスショットも多く球筋が安定しないスイングです。ここでは、インサイドアウトの悪い例や原因、改善方法についてご紹介します。
アウトサイドインの矯正法
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
スライスしない手首の返し
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
トップが出る原因と矯正方法
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
振り遅れの原因と矯正法
ゴルフにおける振り遅れの原因と矯正法についてまとめてみました。
上体の突っ込み
上体が突っ込むスイングをする人はスライスしやすくなります。上体の突っ込む原因や矯正法についてご紹介します。
スライスの応急処置
ラウンド中にスライスが出たとき、被害を最小限にとどめるための応急処置の方法についてご紹介します。
右肩に突っ込み
ゴルフスイングで、意外と気づきにくい右肩が突っ込む原因と矯正方法についてご紹介します。
手打ちの矯正方法
ゴルフで手打ちが悪いといわれる理由を調べてみました。手打ちで悩んでいたり、ボディターンがうまくできない人必見です。
体重が右に残る
フィニッシュで体重を右に残す打ち方もありますが、正しい体重移動ができないとすべてのショットに悪影響します。ここでは、スイングで体重が右に残る原因や対処法についてまとめてみました。