スライスしない手首の返し

スポンサーリンク

※このページを読むにあたって

このサイトでは右利きのゴルファーを想定して説明します。
左利きの場合は、逆をイメージして読み進めてください。

スライスさせない!手首の返しを身に着ける方法とは?

「手首の返しが上手くできずスライスする」
という人も多いと思います。

 

左に引っかけが嫌で、
手首を返さない癖ができるんですね。

 

特にドライバーはサイドスピンがかかりやすいので、
手首の返しができないとスライスしやすくなります。

 

また、長いクラブだとヘッドが返りにくいので、
ボールを左に置きすぎる傾向があります。

 

しかし、ボールを左に置きすぎると、
逆に手首の返しが難しくなります。

 

その理由は、
ボールを左に置いた状態で手首を返すと
ボールは上がらずチーピンのような球が出るからです。

 

チーピンを怖がって、
自然に手首の返しを
しなくなってしまうんですね。

 

そのため、いつもよりボールを
右足よりに置いて練習をしてみてください。

 

すると、始めはプッシュスライスが出ると思います。

 

ここでスライスが出る原因は、
手首の返しが早すぎて右手が上を向くので
フェースが開いているからです。

 

そこで、インパクトで右手が地面を向く、
ということを意識してスイングします。

 

すると、フェースの開きがなくなり
ボールが右に飛ばなくなります。

 

手首の返しが上手くできない人は、
この練習をしてみてください。

 

スポンサーリンク

関連ページ

ドライバースライスの矯正
ドライバーはスライスしやすいクラブです。ドライバー特有のスライスする原因や矯正方法についてご紹介します。
アイアンスライス矯正法
アイアンでスライスが出る原因は手打ちになっているケースが多いです。手打ちでカット打ちになる原因と矯正法についてご紹介します。
インサイドアウトの直し方
インサイドアウトのスイングは、当たれば飛距離が出る反面、プッシュスライスやチーピンなどのミスショットも多く球筋が安定しないスイングです。ここでは、インサイドアウトの悪い例や原因、改善方法についてご紹介します。
アウトサイドインの矯正法
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
トップが出る原因と矯正方法
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
オーバースイング矯正
オーバースイングになっているかどうか自分ではチェックしにくいので、矯正に苦労している人も多いです。ここでは、オーバースイングを改善できる簡単な方法についてご紹介します。
振り遅れの原因と矯正法
ゴルフにおける振り遅れの原因と矯正法についてまとめてみました。
上体の突っ込み
上体が突っ込むスイングをする人はスライスしやすくなります。上体の突っ込む原因や矯正法についてご紹介します。
スライスの応急処置
ラウンド中にスライスが出たとき、被害を最小限にとどめるための応急処置の方法についてご紹介します。
右肩に突っ込み
ゴルフスイングで、意外と気づきにくい右肩が突っ込む原因と矯正方法についてご紹介します。
手打ちの矯正方法
ゴルフで手打ちが悪いといわれる理由を調べてみました。手打ちで悩んでいたり、ボディターンがうまくできない人必見です。
体重が右に残る
フィニッシュで体重を右に残す打ち方もありますが、正しい体重移動ができないとすべてのショットに悪影響します。ここでは、スイングで体重が右に残る原因や対処法についてまとめてみました。