フィニッシュで体重が右に残る

スポンサーリンク

※このページを読むにあたって

このサイトでは右利きのゴルファーを想定して説明します。
左利きの場合は、逆をイメージして読み進めてください。

フィニッシュで体重が右に残る原因と対処方法

ゴルフスライス矯正

スイングのフィニッシュで体重が右に残ると、
すくい打ちになりダフりやスライスなど
さまざまなミスショットの原因になります。

 

また、インパクトでボールに力が伝わらないため
ちゃんと当たっても飛ばなくなります。

 

力のあるうちは手打ちでごまかすこともできますが、
年を重ねるごとに飛ばなくなってきて、
ゴルフが楽しめなくなることもあります。

 

ドライバーショットや左足上がりのショットなど、
意図的に体重を右に残すショットはありますが、
基本的にはフィニッシュで左足体重にする必要があります。

 

どれくらい左足に体重を乗せるのかというと、
フィニッシュで左足一本で立っていられるくらいです。

 

体重が右に残る人は、何が原因なのでしょうか?


バックスイングで左足に体重がかかる

フィニッシュで左足に体重を乗せたい、
という気持ちが強すぎる人は、
始めから左足に体重を乗せているのかもしれません。

 

バックスイングで左足に体重を乗せると、
その反動で右足に体重が残ってしまいます。

 

リバースピボットと言われるスイングです。

 

正しい体重移動はバックスイングで
右足に100パーセント近く体重を乗せます。

 

バックスイングで右足に体重が乗っていない人は、
右足に体重を乗せる練習をしましょう。

 

思い切ってテークバックで左足を上げて打つ練習が効果的です。

 

左足を上げれば100パーセント右足に体重が乗ります。

 

トップからの切り返しのタイミングで、
左足を踏み込んで打ちます。

 

バランスが取りにくいので、
初めはショートアイアンで、
ティーアップして打つといいかもしれません。

 

飛距離を出すのではなく、
体重移動の感覚を掴むことが大切です。

右足に体重をのせたままスイングする

ドライバーショットのとき、
右足体重で打つ場合があります。

 

練習場でドライバーばかり練習している人は、
その癖がついてしまいます。

 

ドライバーはティーアップしているので
アッパーブローで打ちますが、
そのスイングでは他のクラブが打てません。

 

右足体重で練習していると、
すくい打ちの癖が抜けなくなり、
左足下がりの傾斜で打てなくなったり、
ダフりやトップが多くなったり、
スライスやフックが出て方向性が悪くなります。

 

バックスイングで右足に体重を乗せても、
トップからの切り返しのタイミングで
左足に体重移動する必要があります。

 

そのために効果的な練習方法は、
極端にボールの位置を左側に置いて打つことです。

 

左足つま先線上より左にボールを置き、
そのボールを打つ練習をします。

 

クラブはミドルアイアンからフェアウェイウッドくらいの
長めのクラブを使います。

 

左にボールがあるからといって、
クラブをボールに当てに行くのてはなく、
いつもの位置にボールがあるつもりで打ちます。

 

極端に左に置かれたボールを打つ場合、
体重が右に残っていては打てません。

 

トップからの切り返しで、
左足に体重を乗せなければ
ボールまでクラブが届きません。

 

なので、この練習でまっすぐ飛ばせるようになれば、
右足に体重が残ることはないはずです。

 

上から下にクラブを振り下ろす意識で打てば、
ボールが左にあっても当たるはずです。

 

始めはダフったり左右に曲がったりしても構いません。

 

テークバックで右足に乗せた体重を
すべて左足に移動させる意識で練習しましょう。

右足を一歩前に踏み出す

体重が左に移動出来ているかどうかは
打った後右足を一歩前に踏み出してみればわかります。

 

100パーセント体重移動ができていれば、
スムーズに前に踏み出せるはずです。

 

うまく踏み出すことができなければ、
打った後、意図的に前に右足を踏み出してみましょう。

 

意識して右足を踏み出すように練習していれば、
自然と左足に体重が乗るようになります。

まとめ

ゴルフスライス矯正

ゴルフスイングのフィニッシュで体重が右に残るのは、
テークバックで左足に体重を乗せているか、
体重が右足に残ったままスイングしているか、
どちらかが原因になります。

 

正しい体重移動ができている人は、
テークバックで右足に、
トップからの切り返しで左足に、
100パーセント乗せています。

 

あなたが正しい体重移動ができているかチェックするには、
バックスイングで左足を上げたり、
フィニッシュで右足を上げたりすればわかります。

 

いずれもバランスよく立っていられることが大切です。

 

スムーズに体重移動ができるようになれば、
フィニッシュで右足に体重が残ることはなくなります。


スポンサーリンク

関連ページ

ドライバースライスの矯正
ドライバーはスライスしやすいクラブです。ドライバー特有のスライスする原因や矯正方法についてご紹介します。
アイアンスライス矯正法
アイアンでスライスが出る原因は手打ちになっているケースが多いです。手打ちでカット打ちになる原因と矯正法についてご紹介します。
インサイドアウトの直し方
インサイドアウトのスイングは、当たれば飛距離が出る反面、プッシュスライスやチーピンなどのミスショットも多く球筋が安定しないスイングです。ここでは、インサイドアウトの悪い例や原因、改善方法についてご紹介します。
アウトサイドインの矯正法
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
スライスしない手首の返し
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
トップが出る原因と矯正方法
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
オーバースイング矯正
オーバースイングになっているかどうか自分ではチェックしにくいので、矯正に苦労している人も多いです。ここでは、オーバースイングを改善できる簡単な方法についてご紹介します。
振り遅れの原因と矯正法
ゴルフにおける振り遅れの原因と矯正法についてまとめてみました。
上体の突っ込み
上体が突っ込むスイングをする人はスライスしやすくなります。上体の突っ込む原因や矯正法についてご紹介します。
スライスの応急処置
ラウンド中にスライスが出たとき、被害を最小限にとどめるための応急処置の方法についてご紹介します。
右肩に突っ込み
ゴルフスイングで、意外と気づきにくい右肩が突っ込む原因と矯正方法についてご紹介します。
手打ちの矯正方法
ゴルフで手打ちが悪いといわれる理由を調べてみました。手打ちで悩んでいたり、ボディターンがうまくできない人必見です。