手打ちの矯正方法

スポンサーリンク

※このページを読むにあたって

このサイトでは右利きのゴルファーを想定して説明します。
左利きの場合は、逆をイメージして読み進めてください。

手打ちが悪い理由とは?手打ちのメカニズムと3つの矯正方法

ゴルフでは、手打ちをしなさい、と教える人もいれば、
手打ちはだめ、と教える人もいます。

 

また、自分では体を使って打っているつもりだけど、
手打ちになっているよ、といわれたことはありませんか?

 

手打ちは、悪い打ち方なのでしょうか?

 

わかりやすい例でいうと、
体をまったく動かさないで手の動きだけで打つと、
ボールはまったく飛びません。

 

しかし、腕の振りで遠くに飛ばそうとすると、
必然的に体の回転もついてきます。

 

あまり体を使おうとせず、腕だけスイングすると、
他人が見たとき、意外と体が使えているように見えるものです。

 

反対に、体の回転を意識し過ぎて振り遅れになると、
クラブフェースが開きやすくなります。

 

そのため、フェースを閉じようとして手を使ってしまい、
手打ちになることもあります。

 

ボディーターンのスイングで気をつけたいのは、
テークバックを手で上げると、
振り遅れになってインパクトでクラブフェースが開いてしまうことです。

 

●セルフチェックの方法

 

このように、自分のスイングが手打ちになっているかどうかは、
自分ではわかりにくいです。

 

手打ちの良し悪しの差は、
腕と体が同調しているかどうかの違いにあるといえます。

 

自分の意識の中でボディーターンなのか、
手打ちなのか、どちらでも構いません。

 

大切なのは、腕の動きと体の回転が一緒に動いているかどうかです。

 

自分でチェックするなら、
ビデオカメラなどで自分のスイングを撮影して、
腕と体が同調しているかどうかをチェックすることです。

 

手打ちの矯正方法

 

手打ちのスイングをボディーターンのスイングに矯正するには、
腕の動きと体の回転が同調するように改善する必要があります。

 

そのためには、腕のスイングだけではクラブが振れないような
重たいものでスイングすることがおすすめです。

 

クラブ3本で素振り

 

アイアンクラブを3本持って素振りをすると、
重たいので、手だけではテークバックできません。

 

必然的に体と同調させてスイングしなければ、
クラブを振ることができません。

 

実際にボールを打つときも、クラブは重たいものだ、
と意識することで手打ちのスイングを改善し、
体と腕が同調するスイングに矯正することができます。

 

メディシンボール投げ

メディシンボールのような重たいボールを投げるとき、
必然的に全身を使って投げる必要があります。

 

アンダースローで、自分の体の横に投げる動作は
ゴルフスイングと同じ筋肉を使います。

 

腕と体を同調させる動きと一緒に
クラブを振る筋肉を鍛えることもできます。

 

手打ちの矯正と同時に飛距離アップもしたい人におすすめです。

 

ハーフスイング

素振りや筋トレでは、実際にボールがとらえられるか、
真っすぐ飛ばせるか、不安に思うかもしれません。

 

手打ちを矯正して、実際にボールを真っすぐ飛ばすためには、
ハーフスイングのような狭い振り幅でスイングを矯正していくのがおすすめです。

 

テークバックで膝の高さまでクラブを上げ、
フォローも膝の高さで止めるような
小さなスイングから始めます。

 

両腕でできた三角形を崩さないようにテークバックして、
スイングしていきます。

 

グリップの先が常におへその方向を
向いていることを意識してスイングします。

 

膝から膝のスイングで真っすぐ飛ばせるようになったら、
腰から腰、肩から肩、というように、
振り幅を徐々に大きくしていきます。

 

まとめ

 

ここでは、悪い手打ちのスイングのチェック方法や
矯正方法についてお伝えしました。

 

積極的に腕の振りを使ってスイングすることは悪いことではありませんが、
体の回転に対して手を使いすぎることが問題です。

 

悪い手打ちになると飛距離も出なくなり、
方向性も悪くなります。

 

特に、ラウンド回数の多い人は、
つい手を使って方向修正する傾向にあるため
手打ちのスイングに陥りやすくなります。

 

悪い手打ちのスイングにならないためには
練習の時に手を使いすぎていないか、
常にチェックをすることが大切です。

 

スポンサーリンク

関連ページ

ドライバースライスの矯正
ドライバーはスライスしやすいクラブです。ドライバー特有のスライスする原因や矯正方法についてご紹介します。
アイアンスライス矯正法
アイアンでスライスが出る原因は手打ちになっているケースが多いです。手打ちでカット打ちになる原因と矯正法についてご紹介します。
インサイドアウトの直し方
インサイドアウトのスイングは、当たれば飛距離が出る反面、プッシュスライスやチーピンなどのミスショットも多く球筋が安定しないスイングです。ここでは、インサイドアウトの悪い例や原因、改善方法についてご紹介します。
アウトサイドインの矯正法
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
スライスしない手首の返し
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
トップが出る原因と矯正方法
ゴルフでスライスを矯正するために大切なこととは?スライスの直し方や道具選び、練習方法など、スライス矯正に関する情報が満載!
オーバースイング矯正
オーバースイングになっているかどうか自分ではチェックしにくいので、矯正に苦労している人も多いです。ここでは、オーバースイングを改善できる簡単な方法についてご紹介します。
振り遅れの原因と矯正法
ゴルフにおける振り遅れの原因と矯正法についてまとめてみました。
上体の突っ込み
上体が突っ込むスイングをする人はスライスしやすくなります。上体の突っ込む原因や矯正法についてご紹介します。
スライスの応急処置
ラウンド中にスライスが出たとき、被害を最小限にとどめるための応急処置の方法についてご紹介します。
右肩に突っ込み
ゴルフスイングで、意外と気づきにくい右肩が突っ込む原因と矯正方法についてご紹介します。
体重が右に残る
フィニッシュで体重を右に残す打ち方もありますが、正しい体重移動ができないとすべてのショットに悪影響します。ここでは、スイングで体重が右に残る原因や対処法についてまとめてみました。