ハーフスイングの練習法

スポンサーリンク

※このページを読むにあたって

このサイトでは右利きのゴルファーを想定して説明します。
左利きの場合は、逆をイメージして読み進めてください。

超重要!ハーフスイングの正しい練習法とは?

ゴルフハーフスイング

ハーフスイングは地味な練習だし、
練習場ではやる気が出ない。

 

という人も多いと思います。

 

確かにフルショットに比べると、
上手くできないしやる気が続かないですよね。

 

でも、腰から腰までのスイングゾーンは
ビジネスゾーン(クラブが仕事をするゾーン)
といわれるくらい重要なゾーンです。

 

正しいハーフスイングができなければ
球が正しく飛ばないといっても過言ではありません。

 

ハーフショットの練習をすることは
フルショットの練習よりも
費用対効果が良くなります。

 

ゴルフ上達のためにも、
正しいハーフショットの練習を
身につけましょう。

 

ここでは、正しいハーフショットをするときの
注意点をご紹介します。


手打ちをしないこと

まず、使用クラブはミドルアイアンを使います。

 

注意しなくてはいけないのは、
手打ちにならないこと。

 

ボールがあると当てようとする気持ちが働き
手打ちになってしまいがちです。

 

まずトップの位置は、
左手が地面と平行になるまで上げます。

 

この時に、右足に体重を8割以上乗せます。

 

これができないと、
アウトサイドインのスイングの原因になります。

 

次にトップまで上げたら、
素早く左に体重を移動して、
ダウンスイングします。

グリップは常に体の正面に

スイング中は常に
グリップが体の正面にあるように意識します。

 

これを意識することにより、
手と体が同調して動くようになります。

 

いわゆるボディーターンで打つ感覚が
これでつかめるはずです。

 

手と体が同調することにより、
安定したショットにつながります。

前傾姿勢を保つこと

もう一つ大切なことは、
アドレスの時の前傾姿勢を
最後まで保つことです。

 

これができないと、
体が起き上がって
プッシュアウトのスイングになります。

 

フルショットの練習をすると、
手打ちやヘッドアップなどの悪い癖が
はっきり現れます。

 

そのため、ショットに悩みがあるときは
ハーフショットの練習をしっかりやりましょう!

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

自宅でできるスイング練習法
自宅でできる効果的なゴルフスイング練習法をご紹介します。忙しくて練習場へ行く時間が取れない人必見です!
飛距離アップ筋肉トレーニング
ゴルフで飛距離アップに必要な筋肉やトレーニング方法など、動画で詳しく説明しています。